Archive for 4月 2016

スマホで肩こりに!?おすすめはちょっとの意識、姿勢を記憶!

パソコンを使っていると姿勢が悪くなる、という人は以前からいましたが、ここ最近増えているのがスマホの利用での姿勢の悪さです。

ただ姿勢が悪いだけであれば見た目に悪いだけですが、それだけではなく姿勢の悪さは私たちの体の特に肩こりや腰痛など様々な体の不調も引き起こします。

仕事や普段の自分のスマホで遊んでいるときの姿勢が日常生活を過ごしにくくするとなるのは、やっぱり嫌ですよね。

さて、ではどうしたらいいかといえば正しい姿勢をとるしかないのですが、長時間習慣づいてしまった悪い姿勢を直すのはかなり大変です。

ずっとするのではなく、長時間悪い姿勢を取ってしまったな、と思った時に正しい姿勢を取って、習慣づけていく地道な努力が一番いいようです。

正しい姿勢とは頭は後ろに、顎を引きます。背骨は長い棒が刺さっているようなイメージで、頭はつられているような感じです。

肩の力も抜くために一度ぐっと上にあげてからストンと落としましょう。

しっかりと胸を張って、お尻をぐっと持ち上げるように力を言えると安定します。

どうでしょうか。意外と難しいなと感じるかもしれませんが、それは最初だけで、毎日するだけで習慣付くものです。

ちょっとしたことが、毎日を快適に過ごすポイントとなります。

皆さんも面倒かもしれませんが、まずは1日だけでもやってみて、今までの自分とどう違うのか比べてみたら、きっと一週間、一ヶ月、一年と自然と自分でいい姿勢がとれるはずですよ。

XPERIA人気がすごい

XPERIAの人気が今日本では本当にすごいと思います。Androidスマホ 人気機種は XPERIA エクスペリアシリーズ その理由はどういったところにあるのでしょうか?各キャリアで扱っているということがその人気の秘密だといえるでしょう。各キャリアで扱えるようなAndroidはGALAXYシリーズがあるのですが、GALAXYシリーズはEDGEモデルとなっています。EDGEモデルという一般的な形ではない別のモデルを投入しているので、正直なところイマイチ感は拭えません。そういう意味ではXPERIAシリーズは完全なフラッグシップを採用しています。そのあたりが人気の出る方法だと思います。フラッグシップという言葉は昔からありましたが、特に最近言われるようになったような気がしますね。要するに旗振り機種ということで、旗艦という表現がぴったりなのです。XPERIA Z5 PREMIUMとiPhone6s・・この2機種で悩んでいる人も非常に多いのではないでしょうか。まだこの2機種は新機種の部類に入っているので、人気も非常にあると思います。ドコモオンラインショップでも人気を二分しているスマホ端末なのです。AndroidならPREMIUMでiOSならiPhone6sになるでしょう。しかしながらPREMIUMは画面サイズが大きいのでポケットに入るのかどうかなど気になる人も多いでしょう。

危うくデマ発生? 中学生が体験した災害時スマホ活用の難しさ

KDDIが兵庫県たつの市の中学校でスマホを使った避難訓練を開催。メッセンジャーのやりとりを通じて、情報を入手し、安全な避難所を目指しました。東日本大震災の発生から5年。大規模災害時の安否確認や被災状況の手段として、スマートフォンや携帯電話への期待はますます高まっています。SNSやメッセンジャーなどのサービスを、防災あるい減災に活用することも広く浸透してきました。スマホのメッセンジャーを使って情報収集し、安全な避難所を目指しました。 震災後も大雨や台風、雪害など、激しい自然災害は度々起こっており、また太平洋岸全域での被害が予想されている南海トラフ地震も近く発生すると見られています。こうした中、次世代を担う青少年のネットリテラシー教育に、スマホやケータイを使った防災教育を生かそうという動きが出てきているのです。KDDIとKDDI研究所は2月14日、兵庫県たつの市立龍野東中学校と共同で、スマートフォンを活用した親子の防災訓練を実施しました。KDDIグループは2005年からCSRの一環として全国の学校で「KDDIケータイ教室 安心・安全講座」を開催し、青少年の情報モラル教育に取り組んでいるのです。携帯電話やスマートフォンのリスクを正しく学び、賢く使いこなしてもらうのが目的です。2015年度は3800回行われる予定で、10年間では約1万7000回、のべ306万人が受講したということです。
 

“スマホカメラ シャッター消すのは犯罪? “

スマホカメラで日々を楽しんでいらっしゃるでしょうか。しかし、スマホカメラに敢えて必要ないというのに、シャッター音があるというのはウザイと思っている人たちも少なくはありません。

ちょっと、スマホカメラのシャッター音を消したいと思っている人も、実際にはいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、その行為は、違法?という気持ちもしないではありません。スマホカメラのシャッターは、意図的につけられているものです。それは、やっぱり盗撮を防止するためのようですよ。盗撮防止のためのというのなら、具体的に私達がシャッターを消してしまうことが、違反行為かどうかということが判らないのです。

音のないカメラアプリを使って公共の場で隠し撮りすると、迷惑防止条例違反になります。実際にこれはもはや常識です。

実際には、このようなアプリの開発や使用自体を禁止する法律自体はありません。アプリの開発やインストール自体は違法ではなく、自撮りや景色の撮影をしても違法ではありません。大事なのは使い方なのです。

ドコモが料金をすぐに改定

つい先日ドコモのスマホの新機種発売が発表されましたよね。ま、スマホというかiPhoneなんですけどね^^

iPhone SEは、ドコモを含め、auもソフトバンクもその価格を発表していましたが、ドコモが28日、価格の一部を改訂することを発表しました。具体的には、16GBを実質0円から648円にすると言うもの。へぇ~、実質0円になってたんですね。知らなかった。もともと今回発売されるiPhoneは価格を低く設定した廉価版のようなものですよね。なので、それだけでも購入する人が増えそうな勢いを感じていましたが、ドコモでは実質0円になる価格を設定していたものもあったんですね。

これ、ダメですよね~。総務省からのお達しにより実質0円を廃止した今、その今ある一部で実質0円になるようなことをやってたなんて。

ドコモとしては、「さまざまな指摘を受け」、今回の改定に踏み切ったようです。ただ、この改定前に予約をしていた人たちからはブーイングがあるでしょうね^^たった648円と思うか、648円も!と思うのか。。

ただし、だたしですよ、総務省からお達しがあったものの、指針の中では実質0円の全面禁止は明記していないんですって。これも知らなかった。。

この曖昧さにもちょっと問題がある気がしますね~。

ソフトバンクのスマホで、サクサク快適スマホライフを!気になる方はこちら

デジタルズームはできるかぎり使わない

デジタルズームで撮ると画質が荒くなってしまいます。デジタルズームを使用する場合は1/3までにとどめましょう。あらかじめグリッド線を引いておくと、目安がわかりやすく便利です。シャッターボタンを強く押しすぎない。スマホのシャッターボタンは、ボタンから指を離した瞬間に反応するようになっています。そのため、シャッターボタンは軽くタッチする程度でOKなのです。親子での自撮りにはセルフタイマーを使うようにします。自撮りでは片手で操作することになるため、どうしてもブレてしまいがちです。そこで、セルフタイマーを活用しましょう。3~4秒にセットしておくと、ちょうどいいタイミングでシャッターをきることができます。ただし、iPhoneにはセルフタイマー機能がありません。そのかわり、ボリュームボタン=シャッターボタンになっているので、こちらを積極的に活用してください。また、付属のイヤホンのボリュームボタンでもシャッターをきることができます。HDR機能を使ってみよう。HDR機能とは瞬時に明るさの異なる3枚の写真を撮影し、合成することでまんべんなく明るい仕上がりにしてくれる機能です。逆光など、光と影の差が激しい撮影時に使うと、ちょうどいい明るさの写真に仕上げることができます。

マイクロソフト、iOS / Androidに Cortanaを正式提供。Windows 10と連携、「コルタナさん」モードは未対応

マイクロソフトがパーソナルアシスタント Cortana の Android / iOSアプリ版を正式にリリースしました。Windows 10と共通のリマインダ通知や登録のほか、アップルの Siri のように自然言語でさまざまな質問に答えてくれるものです。マイクロソフトの Siri こと Cortana (コルタナ) は、Windows 10 に標準搭載の会話型パーソナルアシスタント。自然言語解析とBingの知識、マイクロソフトのクラウドサービスや「ノートブック」を通じたユーザー把握で、Windowsではメールの読み上げや口述送信、調べ物アシスト、場所や時間をキーにしたリマインダ、PCやファイル操作といった機能を備えます。iOS / Android アプリ版は、クラウド上にいる同じコルタナの出張窓口のようなイメージです。リマインダなどはプラットフォームをまたいで使える一方で、iOS / AndroidではOS標準ではないサードパーティーアプリのため、システムとの統合が必要な機能の多くは使えません。たとえば声で「Hey, Cortana」(日本版は「コルタナさん」)と話しかけて音声受付を開始するモードは、iOSでは非対応、Androidでは限定対応。iPhone 6s はスリープ状態でも「ヘイ、シリ」で目を覚ます技を身につけましたが、コルタナさんはアプリを開いてマイクを押して話しかける必要があります。iOS / Android版 Cortana アプリの対応言語は今のところ中国語と米国英語のみです。日本のストアでは配信されていません。Windows版のコルタナは日本向け・日本人向けの仕様で日本語対応していることから、遠くない将来に iOS / Androidでも日本の「コルタナさん」と話せることに期待したいところです。

スマホ 比較XperiaTM Z5 Premium SO-03Hが素敵

スマホ比較しましょう。今、愛されているスマホはiPhoneよりもAndroid、XperiaTM Z5 Premium SO-03Hが人気です。

スマホオタクという人たちは、現在、Androidを求めているようです。XperiaTM Z5 Premium SO-03H。2015年11月に発売のドコモのスマートフォンです。スマートフォンはやっぱりカメラという人たちには、このようなスマートフォンを持って、マイライフを有意義に生きていただきたい。

日常、どこでもカメラが存在している生活ってかなり素敵だと思います。メインカメラは、有効画素数約2300万画素、最先端のCMOSセンサーが搭載。極めて高い感度で、携帯で撮影した写真の隅々までシャープに被写体を描写出来のが、このスマートフォンです。

そして、カメラの起動時間が早い、猫が瞬間通過して、猫を撮りたいという時に、このようなスマートフォンなら、大丈夫。思えば、猫を撮りたいという時に、必ず、カメラを出せば、猫を逃がしていた、そんな痛い経験は、誰にでもあるはず。だから、このようなスマートフォンを持っていただきたい。