ビジネスにおける『ケータイ』VS『スマートフォン』

『携帯電話 (ケータイ)』とは、通話やメール、簡易的なウェブアクセスに対応した、いわゆる『ガラケー』と呼ばれる携帯電話。一方で、近年急速に普及しているのが『スマートフォン』です。個人所有の携帯電話が、『ケータイ』から『スマートフォン』にどんどんシフトしていることを考えると、ビジネスの場面においても、今後『スマートフォン』の利用が拡大していくことが想定できます。しかしながら、中小企業では大企業と比べ『スマートフォン』の導入が進んでおらず、まだまだ『ケータイ』の利用率が高いのが実態です。その理由は何なのでしょうか。ここで、『ケータイ』のメリットを考えてみましょう。まずはコストが安価であることが多いことがあげられます。また機能がシンプルなため、使いやすい。ということもあげられます。そしてスマートフォンと比較して、セキュリティ面で安心です。特に、『機能がシンプルである』ことをメリットに感じている企業は少なくないかもしれません。管理する立場から見た場合、スマートフォンのように特別なセキュリティ対策をする必要が少ない点もメリットにもなるでしょう。しかし、『機能がシンプルである』ということは『できることが限られている』という事でもあります。『ケータイ』では、会社のパソコンに送られてきたメールを閲覧するためには、転送設定をしなくてはならない場合が多くあります。その場合、転送先を誤って情報漏えいにつながる例もあったり、重い添付ファイルが付いていると転送できなかったりと、ビジネスでの利用にはあまりお勧めできません。一方、『スマートフォン』の場合には、会社がクラウドサービスを導入することで、会社のパソコンに送られてきたメールを直接見に行くことが可能な場合が多く、会社にいるのと同じ環境でメール受信ができますこのようにケータイよりもスマートフォンがこれからますますビジネスにおいて必要になっていくことでしょう。

スマホカメラが簡単に印刷できるように

スマホカメラを毎日のように使用する方も多いでしょう。
スマホカメラを使えば写真も印刷をしたくなるものです。
パソコンを使用したりしなくていけないと面倒だと感じる方も多いでしょう。
しかし、自宅で意外とプリントが簡単にできるようになるのです。
それはスマホのアプリを利用した印刷方法です。
最近ではプリンターのアプリを利用する事で、簡単にスマホから印刷をする事ができるようになっています。
なので、面倒だと思わずに写真印刷をしてみるといいものですよ。
写真もどんどん溜まっていってしまうものですから、細めに印刷をしておくといいですよ。
最近のプリンターはきちんとスマホアプリが使用できるようになっています。
なのでちょっとプリントを試しにやってみるといいかもしれませんね。
スマホアプリを使用していけば、今まで考えていた写真印刷の考え方がガラッと変わります。
iPhoneやAndroidも対応をしており、今ではスマホがあれば印刷も簡単にできるようになりいいものですね。
このアプリを使用すれば、どんなに機械が苦手な人でもきちんと使用ができそうだなと思います。
お気に入りの写真をたくさん印刷してみてくださいね!

スマホのシャッター音を軽減する方法

日本モデルの携帯電話やスマートフォンは、盗撮防止のために音量設定に関係なくカメラのシャッター音が出ますよね。私の持っているiPhoneも、マナーモードにしてても鳴ります。一部のSIMロックフリースマホにはシャッター音をOFFにできる機種もあるそうですが…本当にごく一部。一方、強制シャッター音が邪魔になるシーンもありますよね。例えば寝ている赤ちゃんを撮りたい時に、シャッター音があるとビックリして泣き出してしまったり…自然体の子どもを撮りたいのにシャッター音のせいでポーズをとってしまったり…おひとり様でケーキ屋さんに行ってSNS用に写真を撮る時、シャッター音が鳴ると恥ずかしい思いをしたり…シャッター音アルアルですよね。そこでシャッター音を軽減する簡単な方法を紹介しましょう。最も簡単にできる方法は、スマートフォンのスピーカー部分を押さえるだけ。それだけで音量が軽減できるんですよ。このほかiPhone 6s以降のiPhoneなら、Live Photos機能(撮影前後1.5秒ずつの動画を記録してくれる機能)をオンにしておくだけで、シャッター音が控えめな音量になってくれます。ちなみにLive Photosのオン/オフは、カメラを起動した状態で、画面上部の真ん中にある円をタップするだけですよ。シャッター音が気になる方はぜひ試してみて下さいね。スマホの電池を長持ちさせる方法 | Galaxy

スマホカメラで簡単に翻訳ができる!

今はスマホカメラがあれば翻訳が簡単にできそうなのです。
英語の文書などは、やっぱり翻訳をするのが大変になってきてしまいますよね。
しかし、そんな面倒な翻訳も簡単にスマホカメラでできるようになってきているのです。
Google翻訳のアプリ登場をしたようですよ。
Google翻訳のアプリを利用する事で、スマホカメラを利用して翻訳していけるのです。
スマホカメラで文字を写していけばそれだけで、翻訳されるのですから見ているだけで感動ものですよ。
実際にスマホカメラで写して、翻訳された写真を見たのですが、かなり面白くなっていますよ。
缶コーヒーの英語で書かれている部分が、本当に翻訳のですからびっくりしてしまいました。
Google翻訳を色々な所で使ってみるのもいいかもしれません。
子供なんかと一緒にスマホカメラを利用して、色々な英語の勉強としても活用していけそうです。
英語を今では、スマホがあれば簡単に翻訳ができてしまうのですからすごい時代になりました。
今では英語が分からなくても、こういったものを活用していけば困ることもなさそうだなといった感じですね。
海外旅行なんかに行けば、かなり活躍してくれそうなアプリだなと思います。

スマホのおすすめプランは?

スマホのおすすめと言えば今は格安スマホですよね。
スマホの割引などがなくなり、大手会社でスマホを購入しようと思ったら高くなってしまいます。
そんな時に助けになるのが格安スマホです。
格安スマホと言えば、SIMフリースマホが注目されているようですね。
SIMフリースマホを活用する事で、月額お得にスマホを利用する事ができるようになります。
スマホと言えば大手3社のスマホ会社に注目しがちなのですが、最近では楽天モバイルも人気が出てきているのです。
スマホと言えば、やっぱり使用をずっとしてしまうものなので、月額料金が負担になってしまいがちです。
しかし、格安SIMを活用する事でお得にスマホが使えるようになります。
今はスマホの端末が高くなっている事もあり、このようにできるだけ安くプランを組んでスマホを利用する方も増えてきている所です。
スマホも、あまり端末を気にする事がないのであれば、こういうのもありなのかなと思ってしまいますね。
やっぱりスマホも家族で使う事で負担がどんどん増えてきてしまいます。
なので、家族が多い方にとっては月額かなり節約ができるようになりそうです。
格安スマホは家計に優しくなりますよね。

ガラケー向け「着うた」終了

ガラケー向けの音楽配信サービスの「着うた」と「着うたフル」が、昨年12月、サービスを終了しました。「着うた」と「着うたフル」は、いずれも音楽配信を手がけるレコチョクが運営してきたものです。「着うた」は楽曲を30秒程度にカットしたものを、「着うたフル」は楽曲全体を配信するもので、ダウンロードした楽曲は、着信音などに設定することができました。「着うた」は2002年に、「着うたフル」は2004年にスタートしましたが、レコチョクは、「音楽をめぐる環境が急激に変化し続ける時代にあって、ここを一旦の区切りと致します」と、サービス終了の理由を説明しています。なお、ダウンロードした楽曲はサービス終了後も聴くことができます。近年はスマホユーザーが増え、ガラケーユーザーは片隅に追いやられた感がありますが、2016年11月末時点で17億ダウンロードを超えたサービスが終了するというニュースは、多くの人の関心を集めました。
レコチョクによれば、最もダウンロードされたアーティストはEXILEで、以下、倖田來未、浜崎あゆみ、ORANGE RANGE、コブクロの順でした。一方、楽曲の1位はGReeeeNの「キセキ」でした。公式サイトには、アーティストと楽曲の100位までが掲載されているので、そちらをチェックすると、ガラケー時代の思い出が蘇るのではないでしょうか。
Galaxy S7 edge:ゲーム | スマートフォン | Galaxy

WANIMAっていうグループだそうです!

auのスマホのコマーシャルが今年に入ってから代わりましたよね。そのCMソングを担当しているのはWANIMAという人たちだそうです。3人グループのようで、曲は童謡の「ピクニック」。小学校時代に誰もが歌ったあの曲に歌詞をのせ、ロックにアレンジしてます。すっごく前向きで勢いを感じますよね。新年にぴったり♪

それにしても、毎回auのコマーシャルは見入ってしまいますよね。今回のバージョンはauのスマホの新機種をコマーシャルしているのではなくて、auの今年のテーマ「やってみよう」を全面に押し出しています。しかも、今までに登場したキャラクター全部が出てきて楽しいですよね。

あ、そうそう、かぐや姫のかぐちゃんが昨年おおみそかの紅白歌合戦の司会を務めていましたが、その際、浦島太郎の浦ちゃんに言ってましたね^^「桃ちゃんも金ちゃんも鬼ちゃんも乙ちゃんも、みんな応援しているからがんばって!」ってエールを送っていました。こんなことOKするNHKも粋でした。

今年もauのコマーシャルを楽しみにしたいですね♪

スマホバッテリーも寒さに注意しましょう

最近はかなり気温が低くなり寒くなってきました。
そんな寒さいにもモスマホバッテリーは弱いなんてことを知っていますか?
スマホバッテリーも寒さに影響されやすいようなので注意をするといいですよ。
スマホバッテリーは、20~30℃ぐらいが適温とされているようです。
これ以下の気温になってしまうと、バッテリーがダメになっていきやすくなるそうです。
なので、最近では気温が低くなっているため、スマホ使用も寒さの中では注意をしなくてはいけないのです。
寒さが強くなると、スマホバッテリーはそれに反応をして、バッテリーの持ちも悪くなります。
最近バッテリーがすぐになくなってしまうなと思っている方は注意をした方がいいかもしれません。
寒さがきつくなっている今だからこそ注意をしてください。
通勤で寒い所でいるような事が多い場合なども気をつけてみるといいですよ。
不具合で、勝手に電源が落ちるなんてトラブルもあるようなので注意をしておかなくてはいけませんね。
もしも、寒い中でいるような事が多い場合などは、できるだけ肌の温度を感じるようなポケットなんかに入れておくことをおすすめします。
体に近い場所であれば、温度があるので不具合を防ぐ事ができます。スマホバッテリーの基本

スマホゲームの「モンスターストライク」

超人気スマホゲームとして多くの人に利用されているのが「モンスターストライク」です。
このスマホゲームはテレビCMでもお馴染みの超人気「ひっぱりハンティングアクション」というジャンルを確立させたゲームでもあります。
また、モンスターストライクは2013年から配信されている基本プレイが無料のゲームで、開発元はSNSで有名な株式会社ミクシィになっています。
敵のモンスターと戦ってキャラクターを成長させることができますので、誰でもやりがいを感じるゲームだと思います。
プレイ方法は成長させたモンスターを指で引っ張り、その反動を利用して敵のモンスターに当てて倒していきます。
それと、マルチプレイで最大4人と協力プレイすることができ、ボーナスやアイテムを共有できるという利点もありますので、他のプレイヤーと楽しみながらゲームを進めることができますね。
無料プレイでも十分と楽しむことができますが、スタミナを回復させたりガチャに挑戦するという有料プレイも魅力的に思います。
このようなスマホゲームは多くのアップデートとコラボレーションを重ね、たくさんのキャラクターが登場していますので、どれだけ続けても飽きが来ないゲームになっています。

最も進化したところはカメラ機能

ドコモの新機種として発売されたソニーのXperia XZ SO-01J。これを使ってみたレビューがいくつも見られるようになりましたね。

ある記者さんの感想は、カメラ機能にありました。最も進化したのが、3つのセンサーを持つところ。イメージセンサー、レーザーAFセンサー、そしてRGBC-IRセンサーの3つとのこと。イメージセンサーは以前ヒットしたドラマの中で出てきた言葉だったので、何となくはわかるのですが、あとの2つはさっぱりわかりませんよね。レーザーAFセンサーは暗いところでもピント合わせが素早くしかも正確にできるもの。RGBC-IRセンサーとはホワイトバランスが正確に読み取れるもの、なんだそうです。と説明されていてもふ~~~ん、という感じですかね^^とにかく、すごいんだと思います。ソニーですからね^^

そして、今のスマホには無くてはならなくなった防水機能もしっかり。「IPX5/8等級の防水仕様、IP6X等級の防塵仕様」。そして「電源ボタンと一体の指紋センサー」といったところも進化した点のようです。

スマホ 電池 長持ちさせる方法はこちら