スマートフォンの「AQUOS PHONE SERIE SHL22」

“持ちやすさと軽快感を考えたラウンドフォルムや前面に受話口がないフラットフェイスを採用し、高画質エンジンや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS PHONE SERIE SHL22」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約155gです。
CPUはAPQ8064TクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.9インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3080mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、F1.9レンズや独自の画像処理エンジンを採用した約1310万画素のメインカメラと裏面照射型CMOSセンサーを採用した約207万画素のインカメラが搭載されています。”

スマートフォンの「DIGNO DUAL2 WX10K」

“傷や汚れからディスプレイを守る強化ガラスとクリーンクリアコートが施されており、薄暗い場所でも綺麗に撮れる高性能カメラや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「DIGNO DUAL2 WX10K」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはピンク、ブルー、ホワイト、ブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約66ミリ、高さ約134ミリ、厚さ約10.9ミリ、重さ約134gです。
CPUはMSM8960デュアルコアプロセッサでメモリはRAMは1.5GB、内蔵ストレージは16GBで最大32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.7インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、スマイルシャッターや手ぶれ補正がついた約810万画素のメインカメラと約120万画素のインカメラが搭載されています。”参照先URL

スマートフォンの「Xperia Z3 compact SO-02G」

“光を受けるとキラキラと輝くサイドフレームを採用しており、背面には傷に強い強化ガラスを採用して安心して使用することができるスマートフォンが「Xperia Z3 compact SO-02G」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、オレンジ、グリーンの4色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約127ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約129gです。
CPUはMSM8974ACクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.6インチトリルミナスディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の2600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、ソニーのカメラテクノロジーを結集させた約2070万画素のメインカメラと約220万画素のインカメラが搭載されています。”

スマートフォンの「AQUOS ZETA SH-01G」

“省エネ効果と大容量バッテリーによって安心して使用することができ、周りの環境に応じて賢く使える機能や大型液晶ディスプレイなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS ZETA SH-01G」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはインディゴ、コーラル、ホワイト、シアンの4色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約159gです。
CPUはMSM8974ABクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは32GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、光学式手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラとワイド撮影モードとワンタッチセルフタイマーがついた約210万画素のインカメラが搭載されています。”

スマートフォンの「Priori 3 LTE」

“交換して何年も使える高品質大容量バッテリーを搭載し、便利なデュアルSIM使用で海外旅行のときも便利なスマートフォンが「Priori 3 LTE」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、ヌーディーベージュ、ビビットオレンジ、ルビーレッド、ミントブルーの6色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約132ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約120gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMT6735MクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは取り外し可能な2100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには高画質レンズがついた約800万画素のメインカメラと自撮りが楽しくなる約200万画素のインカメラが搭載されています。”参照先URL

スマートフォンの「g04」

“三辺が狭額縁で構成されているので手が小さい人でも片手で操作しやすくなっており、微妙な色合いも忠実に再現する高精細ディスプレイや暗くても綺麗に撮れる高性能カメラなども搭載しているスマートフォンが「g04」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約134ミリ、厚さ約9.9ミリ、高さ約145gです。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2450mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンのカメラは、リアルタイムHDR機能がついた約1310万画素のメインカメラとワンタッチセルフタイマーがついた約210万画素のインカメラが搭載されています。”

バッテリーの劣化が原因?

朝、満タンで充電したのに昼過ぎには半分以下になっていた、なんて経験がある方はバッテリーが劣化が始まってる証拠です。二年以上同じ携帯を使っている、バッテリーを一度も変えていないという方はバッテリーが劣化してもたなくなっている証拠なので、すぐに取り換えるか機種変更をした方が良いですね。また、スマホを使っている時にバッテリーが残っているはずなのに、勝手にシャットダウンや再起動をする場合は完全に寿命です。このまま使い続けていると故障の原因になり兼ねないので、すぐに新しいものに変えましょう。バッテリーが長持ちするおすすめのスマホは、ドコモのarrows M04やarrows Be F-04Kがおすすめです。バッテリー容量は、2500mAhほどと標準ですが、静止時の連続待受時間がなんと400時間と十分な機能を備えています。値段もそこまで高くないので、購入するなら今がおすすめです。バッテリーの劣化かなと思ったら、早急に機種変更をして対応しましょう。

バッテリーの持ちの良さで話題「ZenFone 4 MAX」

“コンパクトなのに使いやすいスマートフォンでは、ZenFone 4 MAXが人気です。
今では、コンパクトで軽量なスマートフォンが増えてきました。ですが、ZenFone 4 MAXには以下のような機能も備わっているので、多くの利用者から支持されているのです。
ZenFone 4 MAXの機能は、4100mAhの大容量バッテリーでしょう。国内では、バッテリー容量の大きなスマートフォンほど人気となっていますが、ZenFone 4 MAXは、高水準をマークしているバッテリー容量を誇ります。
しかもZenFone 4 MAXは、デュアルレンズカメラを搭載しているため、スマートフォン1台だけで、アクティブライフでも役立つ機種となっています。しかもバッテリー容量管理アプリである「ASUS PowerMaster」も使えるため、ZenFone 4 MAXは、通常のスマートフォンと比べて駆動時間が2倍となっているのです。
メインのカメラについても、1300万画素カメラはF値2.0と明るいため、ZenFone 4 MAXであれば、薄暗い場所での撮影も楽々です。”参照先URL

スマートフォンの「HUAWEI Y6」

“広い視野角と鮮明で美しく表示する大型ディスプレイを搭載し、更には狭額縁設計で手に馴染みやすいコンパクトサイズを実現させているスマートフォンが「HUAWEI Y6」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約155gという薄型コンパクトサイズです。
CPUはMSM8909クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで、最大32GBまで増やすことができます。
バッテリーは急速充電に対応した2200mAh大容量バッテリーが搭載されており、ディスプレイは広視野角の約5インチフルラミネーションIPS液晶ディスプレイを搭載しています。
このようなスマートフォンのカメラはF2.0の明るいレンズがついた約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。”

お風呂中に利用することも可能な「AQUOS senseシリーズ」

“現代のスマートフォンは、デジタル家電のような防水が求められる時代になりました。
そんな防水機能付きのスマートフォンの中で、売れ筋となっている最新機種がAQUOS senseシリーズです。AQUOS senseシリーズには、「AQUOS sense、sense lite、sense plus」などのモデルがあり、これらの特徴は防水機能付きになっているところでしょう。
そのため、どのAQUOS senseシリーズを選んだとしても、お風呂中に利用するなど、幅広い用途に対応してくれるようになっています。
AQUOS senseシリーズのスペックは、 「プロセッサーがSnapdragon 430、バッテリー容量は2700mAh」となっているので、防水機能以外も高性能なのです。近年では、バッテリー容量の充実性も求められるようになっていますが、AQUOS senseシリーズは、そんな問題も克服しているため人気となっています。
ちなみにAQUOS senseシリーズは、おサイフケータイにも対応可能です。”