バッテリーの持ちの良さで話題「ZenFone 4 MAX」

“コンパクトなのに使いやすいスマートフォンでは、ZenFone 4 MAXが人気です。
今では、コンパクトで軽量なスマートフォンが増えてきました。ですが、ZenFone 4 MAXには以下のような機能も備わっているので、多くの利用者から支持されているのです。
ZenFone 4 MAXの機能は、4100mAhの大容量バッテリーでしょう。国内では、バッテリー容量の大きなスマートフォンほど人気となっていますが、ZenFone 4 MAXは、高水準をマークしているバッテリー容量を誇ります。
しかもZenFone 4 MAXは、デュアルレンズカメラを搭載しているため、スマートフォン1台だけで、アクティブライフでも役立つ機種となっています。しかもバッテリー容量管理アプリである「ASUS PowerMaster」も使えるため、ZenFone 4 MAXは、通常のスマートフォンと比べて駆動時間が2倍となっているのです。
メインのカメラについても、1300万画素カメラはF値2.0と明るいため、ZenFone 4 MAXであれば、薄暗い場所での撮影も楽々です。”参照先URL

スマートフォンの「HUAWEI Y6」

“広い視野角と鮮明で美しく表示する大型ディスプレイを搭載し、更には狭額縁設計で手に馴染みやすいコンパクトサイズを実現させているスマートフォンが「HUAWEI Y6」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約155gという薄型コンパクトサイズです。
CPUはMSM8909クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで、最大32GBまで増やすことができます。
バッテリーは急速充電に対応した2200mAh大容量バッテリーが搭載されており、ディスプレイは広視野角の約5インチフルラミネーションIPS液晶ディスプレイを搭載しています。
このようなスマートフォンのカメラはF2.0の明るいレンズがついた約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。”

お風呂中に利用することも可能な「AQUOS senseシリーズ」

“現代のスマートフォンは、デジタル家電のような防水が求められる時代になりました。
そんな防水機能付きのスマートフォンの中で、売れ筋となっている最新機種がAQUOS senseシリーズです。AQUOS senseシリーズには、「AQUOS sense、sense lite、sense plus」などのモデルがあり、これらの特徴は防水機能付きになっているところでしょう。
そのため、どのAQUOS senseシリーズを選んだとしても、お風呂中に利用するなど、幅広い用途に対応してくれるようになっています。
AQUOS senseシリーズのスペックは、 「プロセッサーがSnapdragon 430、バッテリー容量は2700mAh」となっているので、防水機能以外も高性能なのです。近年では、バッテリー容量の充実性も求められるようになっていますが、AQUOS senseシリーズは、そんな問題も克服しているため人気となっています。
ちなみにAQUOS senseシリーズは、おサイフケータイにも対応可能です。”

スマホを使って猫と遊ぶ

今の時代では何でもかんでも自動化されている。動物のおもちゃなんかも自動化されているため、人間がいなくても暇をしない時代だ。そんな中スマホで操作できるロボットを見つけた。このロボットはペットと遊ぶために作られたロボットだ。名前は「mousr」。アプリさえスマホに入れれば、操作できる。センサーも付いているため自走も出来る。見た目がネズミ型で、カーペットの上やフローリングの上でもどこでも走れると言う。充電型で、充電の家も見た目に気をつかっており、見た目がかまぼこのいかにもネズミが住みそうな可愛いステーションとなっている。アプリの中には操作だけではなく、ミニゲーム見たいのも入っており色々なゲームでペットと遊べる。値段は一万円ぐらいあるので、少し高いと思う人もいると思うが、ペットの為にこれぐらいの出費は気にしないって人は是非とも買ってみてほしい。見た目はネズミな為、どっちかというと猫向きのおもちゃだ。だから猫を飼ってる人にはお勧めだ。片手操作

使えなくなったスマホの活用法

皆さんは使わなくなったスマホや、使えなくなったスマホをどうしているだろうか。解約してしまったスマホはSIMカードが入ってないのが普通だろう。しかし、入ってないからって使えないわけではない。wifiにさえ繋げればネットには繋げられるし、アプリだって遊べます。ただ電話とかは出来ないので注意が必要ですが。しかし、新しいスマホを手に入れたから、古いスマホを売ってしまおうなんて考えるのは、早まった判断だと思う。解約が済んだスマホはパケット通信料はかからないし、 新しいスマホが使えなくなっても代理として使える時がある。先程電話できないと言ったが、wifiを使うアプリをインストールしたりすれば電話ができる。そして一番私がオススメしたいのは、監視カメラとして使う方法だ。新しいスマホと古いスマホに、同じアプリをインストールすれば、古いスマホの写ってる情報をいつでも新しいスマホで確認できるのだ。監視カメラを買うより安く済むからお勧めだ。

スマホの音楽を取り入れる方法を安く!

スマホに音楽を取り入れる方法を知っておけば音楽をより楽しむことができるようになります。
今スマホが持つようなのが普通になってきた事もあり、スマホに音楽なんていうのも普通になりました。
気軽に音楽を取り入れれるようになった事でより、音楽が身近になりました。
スマホの音楽なのですが、CDを購入するよりも安く利用をすることができます。
CDレンタルやダウンロードを使えば安く音楽を取りこむことができますよね。
CDも購入をするとなると、やっぱり1000円ぐらいはすると思います。
しかし、レンタルであれば安い所では100円ほどで手に入れることができます。
100円で欲しい音楽を取り入れることができますから、本当にいいものですよね。
また、ダウンロードでもそうです。
200円や300円でシングルの音楽であれば入れることができます。
音楽を取り入れるような作業が面倒な場合はダウンロードが一番簡単なのではないでしょうか。
音楽もたくさん入れられれば嬉しいものですよね。
そういった場合CDレンタルを活用すれば欲しい音楽をたくさん取り込むことができそうです。
レンタルが面倒な場合月額で楽しめるサービスもおすすめです。
すべて聴き放題という訳ではないようなのですが、かなりの数の音楽を楽しめるのは確かです!

スマホの初期化設定も場合によっては、、、

スマホの初期化方法ももしかしたらやらなくてはいけない機会もあるかもしれません。
どうしても初期化なんて事もあったりします。
初期化設定は簡単にできちゃうので、もしもの時は設定の方から初期化設定をしてみてください。
スマホの調子が悪くてどうしようもない場合初期化設定をしなくてはいけない事も出てきてしまいます。
そうなれば初期化設定をするしかありません。
しかし、データもきちんとバックアップを取っていれば初期化をしても怖くありませんよ。
初期化設定も設定の所から簡単にできちゃうので、スマホが不調な場合は試してみるのもいいものです。
また、初期化設定をする場合は自分のスマホを手放す時もありますよね。
そうなった時はきちんと初期化設定をする必要があります。
普通に初期化設定をするだけでは危険なのです。
初期化設定をする前に暗号化をしておけば、安心して自分のスマホを手放すことができます。
今はスマホの個人情報を悪用する方もいるので、人の手に渡る場合は自分でしっかりと防いであげる事も大事だったりしますよ。
安心して初期化ができるようにきちんと把握してく事も大切になるので初期化設定もしっかりと覚えておくといいです。

スマホのメモリー最適化をすればしっかりと!

スマホのメモリー最適化をしっかりとしておきたい所ですね。
きちんとメモリー最適化をしておかないとスマホが思うように動かないことがあります。
なので、最近スマホの動作がおかしいななんて感じている方にはメモリー最適化がよかったりしますよ。
メモリー最適化なのですが、どんな事をすればいいのかと感じてしまいますよね。
そんなメモリー最適化について調べてみました。
メモリー最適化なのですが、まずはキャッシュの削除をしてみてください。
スマホにはたくさんの履歴が残っています。
残っている履歴をしっかりと消しておく事も大事だったりしますよ。
こういうデータが長い間溜まっていってしまうとそれだけでスマホの操作を邪魔してしまう事があります。
なので回覧履歴なのはちょっと溜まってきているなと思ったら消去をするようにするといいですよ。
そうすればスマホの動作が遅くてなんていう事もなくなるかもしれません。
スマホを使っているとたくさんアプリを取っているなんていう人もいますよね。
しかし、実際に使用をしていないアプリもあると思うのでそういったものを消すこともおすすめします。
こういった事をすればスマホもサクサク動いてくれるかもしれませんね。

スマホの初期化設定には注意が必要です!

スマホの初期化設定をする際には注意をしていかなくてはいけません。
今はスマホによっては高価買い取りをしてくれるようなものもあります。
なので買い取りをしてもらうなんて人も増えて来ましたよね。
そんなスマホなのですが買取をしてもらう時にはきちんと初期化設定が必要になります。
初期化設定なのですが、ただ初期化設定をするだけではダメなのです。
初期化設定をすればそれだけでデータはすべて消えるような気がします。
しかし、実際は初期化設定をしただけでは、データは残っているような状態なのです。
人の手に渡るような心配がある場合は初期化せってだけでは危険なのです。
初期化設定をする前なのですが、データを暗号化をする必要があります。
暗号化は簡単にできるのですが多少時間がかかります。
そして、暗号化が終わってから初期化設定に移ります。
設定ではセキュリティの所から暗号化ができるようになっています。
初期化設定をした事がなく、暗号化をしていないなんて人はぜひやってみてください。
もしも、人の手に自分のデータが渡ってしまえば大変な事なので注意をするようにしてみてくださいね。
スマホのデータが人の手に渡るのを防ぎましょう。

人手不足解消に「無人レジ」導入へ 大手コンビニが実験

コンビニエンスストアをはじめとした小売業界では人手不足が深刻化し、24時間営業を取りやめるところも出ています。こうした中、ITを活用して「無人レジ」を目指すという未来のコンビニの姿が報道陣に公開されました。 2017年10月に東京・港区に開設された大手コンビニエンスストアチェーン・ローソンの研究施設では、最新のIT技術や、人工知能=AIを使った売り場の自動化などの研究が日々行われています。施設は実際の店舗を模して作られていています。 客が棚から商品を取り上げるとセンサーが反応してモニターに商品の情報が表示されるなど、センサーによる陳列棚のデジタルパネル化や、ロボットを使った接客も研究されています。 商品の名前や価格が入った電子タグを商品に付けることで、バーコードのように読み取る作業をせず、商品を買い物袋に入れてそのままゲートを通ることができ、レジを介さずに支払いを済ませられる仕組みも研究されています。そして、人手不足解消の切り札として期待されるのが、店員に代わって客が自らバーコードを読み取って支払いをする「無人レジ」なのです。