Archive for 10月 2022

あまり目にしない「OPPO Reno 10x Zoom」の利点、特徴

“OPPOのスマートフォンというとRenoシリーズが有名なため、今では、ミドルレンジモデルのスマートフォンといえば、OPPOのRenoシリーズとされているほどです。ですが、格安SIMフリースマホでOPPOのスマートフォンを探すと、今では、「OPPO Reno 10x Zoom」がよく見つかるようになってきました。
実際にOPPO Reno 10x Zoomは、人気のとおりで性能は十分、価格は格安SIMフリースマホとして通用するレベルなので、なるべくスマートフォンの端末価格自体を下げて購入したい人に、OPPO Reno 10x Zoomはオススメすることができます。
OPPO Reno 10x Zoomは、「最大10倍のハイブリッドズーム、トリプルカメラ搭載、アプリゲームも楽しめる」ため、現代のトレンドをほぼすべておさえているスマートフォンとして人気です。なぜこれほどのスマートフォンなのに知名度が低いのか・・・というと、それだけ、今ではミドルレンジモデルのスマートフォンとして人気のスマートフォンが増えすぎました。新しいモデルでも、ミドルレンジモデルのスマートフォンであれば5万円を超えるケースは減っていますし、シェア獲得のためにしのぎを削ってよいものを開発しているのも事実です。
そのため、OPPO Reno 10x Zoomは最近になって注目されるようになったのですが、後述のとおりでスペックはかなりよいスマートフォンです。
OPPO Reno 10x Zoomの詳細スペックですが、「発売日が2019年7月12日、ディスプレイサイズは6.65インチ、カメラはメイン:4,800万画素、フロント:1,600万画素、バッテリー容量は4,065mAh」となります。見ての通り少し古いスマートフォンなので価格はかなり下がってきています。
ですがOPPO Reno 10x Zoomは、カメラ性能が高くハイエンドモデルのスマートフォンと比較しても、それほど見劣りしません。ではどうして格安SIMフリースマホ並みの価格なのか・・・というと、それは、機能そのものは多くないからです。
近年では、ハイエンドモデルのスマートフォンほどハイスペックなスマートフォン・・・というだけでなく、ゲームプレイなどでも支障がない高品質なCPU、RAMが搭載されているモデルが増えました。OPPO Reno 10x Zoomの場合は、あくまでも普通のスマートフォンとして使えるレベルなので、OPPO Reno 10x Zoomは安いスマートフォンとして人気なのです。
しかもOPPO Reno 10x Zoomはカメラ性能が評価されているモデルの1つで、OPPO Reno 10x Zoomのカメラは、「劣化させずに10倍ズームができる」という強みがあります。OPPO Reno 10x Zoomのカメラは広角・超広角・望遠のトリプルレンズ搭載、画素数も4,800万画素とハイスペックなスマートフォンのため、安くてもカメラ性能に妥協したくない人にオススメできます。”

格安SIMフリースマホを購入すると発生するリスク

“メリットが多いかのように言われている格安SIMフリースマホですが、以下のようなデメリットがあるので、今では「格安SIMフリースマホはリスクが多い」というレビューが目立つようになってきました。これから、安全に格安SIMフリースマホを持ちたい方は、以下の情報を理解したうえで格安SIMフリースマホを購入されたほうがよいでしょう。
まず、「すべてのスマートフォンが動作するわけではない」というリスクがあります。そもそも、キャリアスマホ以外のサービスについては、オンラインショップ経由で購入するケースが圧倒的に多いです。ですが、動作保証されているスマートフォン以外は、格安SIMフリースマホとして販売されているだけで、動くかどうかは「試してみないとわからない」レベルなのです。
なぜこのようなトラブルが起きるのか・・・というと、格安SIMフリースマホの中には中古のスマートフォンも混じってくるからです。
中古のスマートフォンであれば端末価格が1万円台で購入できるスマートフォンが圧倒的に多いため、実は、キャリアスマホでも安いものであれば2万円を切る価格で購入できるケースがある・・・ことを知らないと、「特別安いのではないか」・・・と錯覚してしまうケースが多々あります。ハッキリ言って損以外のなにものでもないので、動作保証が取れていないスマートフォンであり、格安SIMフリースマホは簡単に手を出さないほうがよいでしょう。
安いといっても、動作しないスマートフォンを誤って購入してしまうと、相手側が「返金に応じないケースもある」ので、まるまる損をしてしまうことがあるからです。
次に、格安SIMフリースマホは「支払方法がクレジットカード限定」のリスクもあるので注意してください。
よく勘違いされることの多い情報に、デビットカードならクレジットカード同様に使える・・・という情報があります。ですが、デビットカードは「対応、非対応のオンラインショップが存在する」ため、デビットカードなら100%の確率で格安SIMフリースマホを購入できる・・・わけではありません。
ただし、楽天モバイルのような大手でもデビットカード決済に対応しているメーカーは存在します。なので、どうしてもクレジットカードなしで格安SIMフリースマホを購入したい場合は、楽天モバイルのような大手のオンラインショップ経由で購入しましょう。
最後に、格安SIMフリースマホは「契約の縛りがある」リスクもあるので注意してください。
最近になって契約の縛りも騒がれるようになりましたが、格安で購入できるあらゆるスマートフォンは、基本的に1年以内に解約できない・・・などのルールが設けられています。これを契約の縛りというのですが、解約手数料が1万円ほどかかりますので、ノーリスクで持てる格安SIMフリースマホは少ないです。
初期費用0円のようなコマーシャルを行っている格安SIMフリースマホを見た場合は、小さな文字で解約手数料や契約の縛りが載っていないかもチェックしたほうが無難でしょう。”https://www.galaxymobile.jp/galaxy-z-flip4/