Archive for 7月 2017

もうこれほぼ鉛筆!超極細ペン先が唸るスタイラスペン「JOT DASH」

Adonitの最新スタイラスペン「Jot Dash」が日本でも発売開始されています。私はJotスタイラスペンはすべてのモデルを所有していますが、今回のモデルはペン軸の太さが8.5ミリとかなり細いのが特徴です。実際の使用感も含めてご紹介します。最近のアクティブ型スタイラスペンでは、ペン先の細さが1.9mmというのも珍しくなくなってきました。でもペン軸の細さが8.5mmというのは他にありません。すべてのiOSとAndroid端末に対応しているそうです。端末によっては使用感に違いがありそうですが、対応アプリを選ばないというところは長所と言えるでしょう。パッケージから中身を取り出したところです。製品は黒いプラスチックトレーにきれいに収納され、取り出しも簡単。個人的にこのパッケージは好みです。ペン軸に小さな黒い穴が見えますが、ノックして電源を入れると緑色に点灯。もう一回ノックすると電源が切れて赤く点灯します。ペン先は1.9mmの極細タイプ。滑りもよく感度も充分です。iPad miniで保護シートを付けていても軽く反応します。ペン軸「8.5mm」がどれくらい細いのかピンとこなかったのですが、手にしてみて驚きました!
電源を持たないJot Proが9.5mmなんです。充電バッテリーを備えたスタイラスがこんなに細く作れるとは思ってもいませんでした。

スマホバッテリーですごいものがあります

スマホバッテリーも今では欠かせないものとなっています。
もしもいざスマホバッテリーがないとなれば、困る方もたくさんいるでしょう。
アウトドアや震災の時に役立つものを発見しましたよ。
それは、ポータブルバッテリーなのです。
ポータブルバッテリーなんていうものは日頃から使用をする人も少ないでしょう。
アウトドアなんかによく出かけるような人だったら持っているかもしれませんね。
ポータブルバッテリーはすごいものであれば、1年蓄電をする事も可能だそうですよ。
こういったもは、アウトドアなんかにも便利ですが、もしも震災が起きた際にはかなり役に立つそうですよね。
このようなものを家で備えていく事もいいのかなと感じました。
スマホやタブレットの充電ができるという事もありかなり役に経ちそうです。
やっぱりもしも時には、スマホが使用できない状況では困ってしまいますよね。
少しでもこのようなものがある事で、スマホを使うことができますから、絶対持っていて損はなさそうです。
何か電気が必要な時には子のようなものがある事で以外と活躍してくれそうです。
太陽光の充電だって可能だそうなのですから今はすごいですね。http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-battery

いつものアプリで手軽に手書き入力

手書き入力はテキスト入力アプリでも、ブラウザの検索入力でも何でも使えます。1文字ずつ入力して手を止めてもよいのですが、数文字一気に書いてしまってもよいです。スマートフォンの大きさによって書ける文字数は違ってくるのですが、認識されるのは横1行の文字だけだから3~4文字ごとになるのが一般的かもしれません。画面の端まで文字を書いてしまうと、自動的にパッド内がスクロールします。もし長い単語を入力するならばさらに続けて書けばよいのです。認識された文字から予測変換は上部に表示されるので、数文字入力した後は予測変換メニューから言葉を選ぶという形が便利です。実際に入力してみるとわかるのですが、書き順さえある程度合っていればかなりゆるい文字でも認識されます。文字の上手い下手、大きさの揃い具合などは関係なく認識されますし、漢字とかなの交ぜ書きもスムーズに認識してくれまう。1文字ごとに認識された文字が下に表示されているのですが、これはボタンになっていて、タッチすると文字の候補が別にも表示され、認識し直しさせることが可能です。最初は認識があまくても、ここで指定しなおして「登録」を繰り返して行くうちに精度が上がるという仕組みなのです。入力に失敗した時、入力パッドのすぐ上にある戻るボタンをタップすると1筆分ごとに戻ることができ、戻るごとに再認識されます。おかしな点を描いてしまった時などには簡単に修正可能です。さらに右にある「…」ボタンをタップすると変換メニューが呼び出せ、漢字を書かずにひらがなを書いてから変換したい時にはここを使います。