Author Archive

スマホの初期化方法をきちんと知りためには

スマホの初期化方法も簡単にできるようになります。
スマホの初期化と言えばやっぱり、スマホの不具合からやらなくてはいけない時もあると思います。
どうしても不具合が解消されない場合は初期化をするしかないような状態になってしまいます。
スマホの初期化と言えばやっぱりデータがたくさん詰まっているので怖かったりしますよね。
データがなくなったらと思うと心配になります。
しかし、きちんとデータをバックアップとっておけばその心配もありません。
バックアップを初期化する前にしっかりと取るようにしておきましょう。
バックアップさえきちんと取っておけば不具合があったとしてもすぐに初期化をすることができます。
やっぱり不具合が起きた場合初期化をするしないような状態になってしまいます。
スマホが動かなくなってしまったなんて時は本当に困ってしまいます。
1度なんかは、電源が知らない間も全く入らないような状態になり、仕方がなく交換なんて時もありました。
なので、スマホはいつトラブルが起きるのか分かりませんから常にバックアップは必要だなと感じています。
また、初期化方法もきちんと知っておくと便利ですのできちんと見てみましょう。

スマホが水没した時にお助けアイテムは?

スマホが水没した時には早急に水分を取ってあげなくてはいけません。
水分をきちんと取ることでスマホがもしかしたら助かる可能性があるからです。
なので、スマホを水没させてしまった時にはこういう対処方法を使ってみてください。
スマホの水分を取る時にタオルで取るのが一番いいかもしれません。
しかし、他にも活用ができるものがあるようですよ。
スマホの水分を取るために湿気取りなんかも活用ができるようにですよ。
他にも、お米なんかは水分を取ってくれるのでこれも活用ができたりするようです。
やっぱり水分を取ることを心がけることをすると、スマホを守ることができるようになります。
スマホは、どうしても水分にやられてしまえば回路がダメになってしまうと故障となってしまいます。
なので、できるだけ水分が入らないようにしたいものです。
今は、水没レスキューセットなどの便利なものがありますので、そういったグッズを活用をするのもおすすめです。
こういったものを家に置いておけばもしもの時はかなり助かりそうです。
水没レスキューセットはスマホだけでなく、ゲーム機なんかにも活用ができるようなので、幅広く使用ができそうだなという感じですね。

“サムスン「Galaxy S8」&「Galaxy S8+」7日間使用レビュー

サムスンのAndroidスマートフォン「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」が、2017年6月8日よりNTTドコモとauから発売されました。世界的に評価の高い高性能モデルで、価格.comに寄せられるユーザーレビューでも好評です。
「Galax S8」シリーズは、左右が曲面の有機ELエッジディスプレイを採用していて、縦横比が、一般的な9:16ではなく、より縦長の9:18.5に変更されたため、そのシルエットは細く長い特徴的なものとなっています。なお、ディスプレイサイズが約5.8インチのGalaxy S8と、約6.2インチのGalaxy S8+の2機種展開ですが、搭載されるバッテリー容量、LTEの通信機能などに一部違いがあるものの、CPUやカメラなど基本スペックは共通しています。ボディサイズは、Galaxy S8が、約68(幅)×149(高さ)×8.0(厚さ)mm、重量は約150g、Galaxy S8+が、約73(幅)×160(高さ)×8.1(厚さ)mm、重量は約173gです。IPX5/8等級の防水仕様と、IP6Xの防塵仕様をクリアしています。
http://www.galaxymobile.jp/smartphones/?c=docomo

スマホのバッテリーの長持ちの仕方

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法というのは知りたいと思うような方も多いと思います。
日頃使用をしていると、バッテリーの減りが早くてできるだけ節電をしたいなんて感じますよね。
節電をして、スマホの充電をできるだけ減らさないようにしたいです。
そのためには、できるだけスマホの画面の明るさを暗くするという事です。
あまりにも暗いと見えないと思うので、画面を多少暗めにするといいですよ。
そうする事でかなりの節約になって1日のバッテリーを長持ちさせることが可能になります。
また、スマホを使用していない時は、Wi-Fiをオフにする事も必見みたいですね。
日頃Wi-Fiを繋げたままそのまま置いているような事がきっと多いですよね。
それをオフにしておくことで節約になるのです。
スマホもやはり日頃使用をしていると、バッテリーが1日ももたない場合もあったりするでしょう。
しかし、このような事を心がけることで、バッテリーの減りをできるだけ抑えることができるようになりますよ。
バッテリーの節約の仕方というのは結構色々な事がありますからまず試してみるといいかもしれませんね。
スマホが使用しやすくなるかもしれませんよ!

iPhoneの「使いやすさ」とは

現在は製造業にとって、機能的価値よりも意味的価値の創出が重要になっています。アップルやダイソンは、この意味的価値を創出することによって、高い商品競争力を維持しています。それに対して、多くの日本企業はいまだに機能的価値にとらわれているため、高業績に結びつかないのです。象徴的な例がスマートフォンです。iPhoneと競合商品を機能だけで比較した場合、iPhoneでなければできないことはほとんどありません。むしろ、以前は日本製の商品のほうが、防水やテレビ、非接触ICカードなどが搭載され高機能でした。それでも、他社製品より高価なiPhoneが売れるのは、ストレスなく気持ちいい使いやすさや、美しいデザインなどに、消費者が価格差以上の価値を感じているからです。こうした価値は、カタログで表される機能や仕様ではわかりません。日本でも、アップルやダイソンと同様に高い顧客価値を生み出しているのが自動車産業です。自動車はスペックだけでなく、デザインや品質感、操安性など顧客の主観的な好みが重要です。そのため、日本の自動車メーカーは早くから意味的価値の創出に取り組み、高い国際競争力を維持してきました。大切なのは、機能的価値と意味的価値を融合した、相乗効果としての価値づくりです。例えばiPhoneは、アルミを削り出したユニボディの美しいデザインだけが重要なわけではありません。商品コンセプトやユーザビリティ、機能などを含めた、統合的な価値として高く評価されています。このような、機能的価値と意味的価値を統合した価値づくりをいかに行うかが、日本の製造業が競争力を取り戻すためのカギと言えます。

もうこれほぼ鉛筆!超極細ペン先が唸るスタイラスペン「JOT DASH」

Adonitの最新スタイラスペン「Jot Dash」が日本でも発売開始されています。私はJotスタイラスペンはすべてのモデルを所有していますが、今回のモデルはペン軸の太さが8.5ミリとかなり細いのが特徴です。実際の使用感も含めてご紹介します。最近のアクティブ型スタイラスペンでは、ペン先の細さが1.9mmというのも珍しくなくなってきました。でもペン軸の細さが8.5mmというのは他にありません。すべてのiOSとAndroid端末に対応しているそうです。端末によっては使用感に違いがありそうですが、対応アプリを選ばないというところは長所と言えるでしょう。パッケージから中身を取り出したところです。製品は黒いプラスチックトレーにきれいに収納され、取り出しも簡単。個人的にこのパッケージは好みです。ペン軸に小さな黒い穴が見えますが、ノックして電源を入れると緑色に点灯。もう一回ノックすると電源が切れて赤く点灯します。ペン先は1.9mmの極細タイプ。滑りもよく感度も充分です。iPad miniで保護シートを付けていても軽く反応します。ペン軸「8.5mm」がどれくらい細いのかピンとこなかったのですが、手にしてみて驚きました!
電源を持たないJot Proが9.5mmなんです。充電バッテリーを備えたスタイラスがこんなに細く作れるとは思ってもいませんでした。

スマホバッテリーですごいものがあります

スマホバッテリーも今では欠かせないものとなっています。
もしもいざスマホバッテリーがないとなれば、困る方もたくさんいるでしょう。
アウトドアや震災の時に役立つものを発見しましたよ。
それは、ポータブルバッテリーなのです。
ポータブルバッテリーなんていうものは日頃から使用をする人も少ないでしょう。
アウトドアなんかによく出かけるような人だったら持っているかもしれませんね。
ポータブルバッテリーはすごいものであれば、1年蓄電をする事も可能だそうですよ。
こういったもは、アウトドアなんかにも便利ですが、もしも震災が起きた際にはかなり役に立つそうですよね。
このようなものを家で備えていく事もいいのかなと感じました。
スマホやタブレットの充電ができるという事もありかなり役に経ちそうです。
やっぱりもしも時には、スマホが使用できない状況では困ってしまいますよね。
少しでもこのようなものがある事で、スマホを使うことができますから、絶対持っていて損はなさそうです。
何か電気が必要な時には子のようなものがある事で以外と活躍してくれそうです。
太陽光の充電だって可能だそうなのですから今はすごいですね。http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-battery

いつものアプリで手軽に手書き入力

手書き入力はテキスト入力アプリでも、ブラウザの検索入力でも何でも使えます。1文字ずつ入力して手を止めてもよいのですが、数文字一気に書いてしまってもよいです。スマートフォンの大きさによって書ける文字数は違ってくるのですが、認識されるのは横1行の文字だけだから3~4文字ごとになるのが一般的かもしれません。画面の端まで文字を書いてしまうと、自動的にパッド内がスクロールします。もし長い単語を入力するならばさらに続けて書けばよいのです。認識された文字から予測変換は上部に表示されるので、数文字入力した後は予測変換メニューから言葉を選ぶという形が便利です。実際に入力してみるとわかるのですが、書き順さえある程度合っていればかなりゆるい文字でも認識されます。文字の上手い下手、大きさの揃い具合などは関係なく認識されますし、漢字とかなの交ぜ書きもスムーズに認識してくれまう。1文字ごとに認識された文字が下に表示されているのですが、これはボタンになっていて、タッチすると文字の候補が別にも表示され、認識し直しさせることが可能です。最初は認識があまくても、ここで指定しなおして「登録」を繰り返して行くうちに精度が上がるという仕組みなのです。入力に失敗した時、入力パッドのすぐ上にある戻るボタンをタップすると1筆分ごとに戻ることができ、戻るごとに再認識されます。おかしな点を描いてしまった時などには簡単に修正可能です。さらに右にある「…」ボタンをタップすると変換メニューが呼び出せ、漢字を書かずにひらがなを書いてから変換したい時にはここを使います。

ギャラクシーS8の虹彩認証 カード会社が決済時に採用へ=韓国

ギャラクシーS8はベゼル(縁)を最小化した画面比率18.5対9のデュアルエッジディスプレーを採用しました。音声アシスタントサービスを行う仮想秘書「ビックスビー(Bixby)」や指紋・虹彩・顔認証センサーを搭載したのです。サムスン電子のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」と「ギャラクシーS8プラス」に虹彩認証技術が搭載されたことで、韓国のクレジットカード会社が決済時の本人認証に同技術を採用する予定であることが4月21日、分かったのです。虹彩認証による決済は、スマホアプリを通じたクレジットカード決済の際にスマホに両目を近づけるだけで済み、暗証番号の入力や指紋認証を行う必要がなくなります。サムスンカード、新韓カード、ハナカード、ウリィカード、現代カードが採用を予定しています。昨年、発火問題により発売からわずか約2か月で生産・販売が打ち切られた「ギャラクシーノート7」にも虹彩認証技術が搭載されていたのですが、ログインや照会サービス利用時以外の本人認証に同技術を採用したクレジットカード会社はなかったのです。決済時の本人認証に同技術を導入することになったのは、セキュリティー面での安全性と利便性が高いためで、暗証番号や指紋認証は盗用の恐れがあるのですが、虹彩認証は本人以外の利用が事実上不可能となるからです。

光とスマホのセット割+ずっとドコモ割で

docomo スマホ、ガラケーの利用者が家のインターネットをドコモ光にすると、セット割+ずっとドコモ割という2つのプランを利用でき、毎月利用料金が割引きになりますよね。でも、データSパック利用者でドコモの利用期間が15年未満の人は、500円しか割引きが無いという。。

でも、15年以上経過している人は1100円の割引きになるんですよね。15年未満の場合、ずっとドコモ割が適用されていないんです。15年以上になった月からプラス600円、ずっとドコモ割が適用されるとのこと。こんな細かな事でも、知っておくのと知らないのでは大違いなんでしょうね。この小額の割引きの積み重ねによって、スマホや家のインターネットの利用料金は安くしていくことが可能なんだと思いました。

しかも、今ちょっとしたキャンペーンやっているようで、その中の特典の一つにdポイント10,000円相当分進呈となります。dポイントをよく利用されている方でまだドコモ光を使っていない方は、急いだ方が良いかもしれませんよ^^