Author Archive

あまり目にしない「OPPO Reno 10x Zoom」の利点、特徴

“OPPOのスマートフォンというとRenoシリーズが有名なため、今では、ミドルレンジモデルのスマートフォンといえば、OPPOのRenoシリーズとされているほどです。ですが、格安SIMフリースマホでOPPOのスマートフォンを探すと、今では、「OPPO Reno 10x Zoom」がよく見つかるようになってきました。
実際にOPPO Reno 10x Zoomは、人気のとおりで性能は十分、価格は格安SIMフリースマホとして通用するレベルなので、なるべくスマートフォンの端末価格自体を下げて購入したい人に、OPPO Reno 10x Zoomはオススメすることができます。
OPPO Reno 10x Zoomは、「最大10倍のハイブリッドズーム、トリプルカメラ搭載、アプリゲームも楽しめる」ため、現代のトレンドをほぼすべておさえているスマートフォンとして人気です。なぜこれほどのスマートフォンなのに知名度が低いのか・・・というと、それだけ、今ではミドルレンジモデルのスマートフォンとして人気のスマートフォンが増えすぎました。新しいモデルでも、ミドルレンジモデルのスマートフォンであれば5万円を超えるケースは減っていますし、シェア獲得のためにしのぎを削ってよいものを開発しているのも事実です。
そのため、OPPO Reno 10x Zoomは最近になって注目されるようになったのですが、後述のとおりでスペックはかなりよいスマートフォンです。
OPPO Reno 10x Zoomの詳細スペックですが、「発売日が2019年7月12日、ディスプレイサイズは6.65インチ、カメラはメイン:4,800万画素、フロント:1,600万画素、バッテリー容量は4,065mAh」となります。見ての通り少し古いスマートフォンなので価格はかなり下がってきています。
ですがOPPO Reno 10x Zoomは、カメラ性能が高くハイエンドモデルのスマートフォンと比較しても、それほど見劣りしません。ではどうして格安SIMフリースマホ並みの価格なのか・・・というと、それは、機能そのものは多くないからです。
近年では、ハイエンドモデルのスマートフォンほどハイスペックなスマートフォン・・・というだけでなく、ゲームプレイなどでも支障がない高品質なCPU、RAMが搭載されているモデルが増えました。OPPO Reno 10x Zoomの場合は、あくまでも普通のスマートフォンとして使えるレベルなので、OPPO Reno 10x Zoomは安いスマートフォンとして人気なのです。
しかもOPPO Reno 10x Zoomはカメラ性能が評価されているモデルの1つで、OPPO Reno 10x Zoomのカメラは、「劣化させずに10倍ズームができる」という強みがあります。OPPO Reno 10x Zoomのカメラは広角・超広角・望遠のトリプルレンズ搭載、画素数も4,800万画素とハイスペックなスマートフォンのため、安くてもカメラ性能に妥協したくない人にオススメできます。”

格安SIMフリースマホを購入すると発生するリスク

“メリットが多いかのように言われている格安SIMフリースマホですが、以下のようなデメリットがあるので、今では「格安SIMフリースマホはリスクが多い」というレビューが目立つようになってきました。これから、安全に格安SIMフリースマホを持ちたい方は、以下の情報を理解したうえで格安SIMフリースマホを購入されたほうがよいでしょう。
まず、「すべてのスマートフォンが動作するわけではない」というリスクがあります。そもそも、キャリアスマホ以外のサービスについては、オンラインショップ経由で購入するケースが圧倒的に多いです。ですが、動作保証されているスマートフォン以外は、格安SIMフリースマホとして販売されているだけで、動くかどうかは「試してみないとわからない」レベルなのです。
なぜこのようなトラブルが起きるのか・・・というと、格安SIMフリースマホの中には中古のスマートフォンも混じってくるからです。
中古のスマートフォンであれば端末価格が1万円台で購入できるスマートフォンが圧倒的に多いため、実は、キャリアスマホでも安いものであれば2万円を切る価格で購入できるケースがある・・・ことを知らないと、「特別安いのではないか」・・・と錯覚してしまうケースが多々あります。ハッキリ言って損以外のなにものでもないので、動作保証が取れていないスマートフォンであり、格安SIMフリースマホは簡単に手を出さないほうがよいでしょう。
安いといっても、動作しないスマートフォンを誤って購入してしまうと、相手側が「返金に応じないケースもある」ので、まるまる損をしてしまうことがあるからです。
次に、格安SIMフリースマホは「支払方法がクレジットカード限定」のリスクもあるので注意してください。
よく勘違いされることの多い情報に、デビットカードならクレジットカード同様に使える・・・という情報があります。ですが、デビットカードは「対応、非対応のオンラインショップが存在する」ため、デビットカードなら100%の確率で格安SIMフリースマホを購入できる・・・わけではありません。
ただし、楽天モバイルのような大手でもデビットカード決済に対応しているメーカーは存在します。なので、どうしてもクレジットカードなしで格安SIMフリースマホを購入したい場合は、楽天モバイルのような大手のオンラインショップ経由で購入しましょう。
最後に、格安SIMフリースマホは「契約の縛りがある」リスクもあるので注意してください。
最近になって契約の縛りも騒がれるようになりましたが、格安で購入できるあらゆるスマートフォンは、基本的に1年以内に解約できない・・・などのルールが設けられています。これを契約の縛りというのですが、解約手数料が1万円ほどかかりますので、ノーリスクで持てる格安SIMフリースマホは少ないです。
初期費用0円のようなコマーシャルを行っている格安SIMフリースマホを見た場合は、小さな文字で解約手数料や契約の縛りが載っていないかもチェックしたほうが無難でしょう。”https://www.galaxymobile.jp/galaxy-z-flip4/

スマホで桜を綺麗に撮影するポイントとは?

“春は至るところに花が咲き誇り、道端で出会った花の写真を撮って季節を感じたいという人も多いでしょう。またお花見をする機会も多いです。春に最もSNS映えする写真と言えば「桜」があります。今回はiPhoneで花見の季節に綺麗に桜を撮影するポイントをまとめてみましょう。
【iPhoneで桜を撮影する時のポイントを徹底解説】
桜は日本の春の風物詩であり、満開の桜を見ると写真を撮りたくなる…という人は多いでしょう。今回はiPhoneで桜を撮影する時のポイントを徹底解説していきます。ぜひ参考にしてみて下さいね。
<ポイント1.人も風景の一部として撮影する>
花見会場などでは、人がたくさんいるため桜だけを撮影するというのは難しいケースがあります。このような場所では、人が写りこまない場所を探したり、桜に近寄って撮影したりすることが多いでしょう。しかし「人が写りこまない」ということにばかりこだわるのはNG。そこにこだわりすぎるといい写真は撮影できません。
人も風景の一部として割り切って、少し離れた場所から桜の木全体を綺麗に写せる場所を探してみましょう。写真に写りこむ人が小さければそれほど気にならないですよ。また撮影をする際には、太陽を背にして撮影するのがおすすめ。桜に太陽光が当たって色を正確に写しとることができます。
<ポイント2.デジタルズームは使用しない>
遠くにある桜を撮影する時には、桜を大きく写したいので、ついついスマホ画面を拡大してデジタルズーム機能を使用してしまう…という方は多いでしょう。しかしスマホのデジタルズームは写真の一部を拡大する機能になるので、そのぶん画像が粗くなります。スマホで桜を撮影する際には、デジタルズームは使わない方が素敵な写真が撮影できますよ。
桜が小さくしか映らないという場合でも、風景に溶け込ませることで雰囲気のある写真を撮影できます。池や川沿いなら、桜が水面に映った構図を狙ってみましょう。
<ポイント3.夜桜はフラッシュではなく、スマホのライトアップで撮影しよう>
夜桜を綺麗に撮影したいという時にはフラッシュの使用はおすすめしません。フラッシュは真正面から強い光を当てることになるので、花びらの色が白く飛んだ写真や平坦な写真になりがちです。夜桜は街灯などライトアップされている桜を探して撮影してみるとよいでしょう。ライトアップされた桜がない場合には、友人や家族のスマホのライト機能を使って撮影するのがおすすめ。画面を見ながら照明係を誘導し、色々な角度から照らしてみてください。
<ポイント4.逆光を利用して印象的に撮影する>
太陽などの光を背にして撮影することを「順光」と言います。それに対して光を正面にして撮影することを「逆光」と言います。順光で撮影すると色味が綺麗に出るものの、面白みには欠けます。そこで印象的な桜の写真を撮影したいのであれば、逆光を上手に利用してみましょう。
特に桜の花びらのような薄くて淡い色のものは、光を透かして撮影することでドラマチックな写真になりますよ。スマホで撮影する時は、被写体をタッチすることで明るさの調整ができます。
<古い建物や神社・お寺などが背景になるとワンランクアップ>
被写体の背景にまで気を遣えればワンランク上の写真を撮影できますよ。近代的な構造物は桜との相性がよくありません。神社やお寺、鳥居や、古い建物との方が相性がよいので、そのような背景をセレクトするとよいでしょう。

5G対応スマホの「Samsung Galaxy M53 5G」とは?

“スマホの通信システムといえば4Gではなく5Gという時代に突入しており、この5Gに対応しているスマートフォンは大手キャリアをはじめとする多くのメーカーから様々な機種が発売されています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Samsung Galaxy M53 5G」という5Gスマホがあり、指紋や汚れが目立ちにくい高精細大型ディスプレイやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリー、オンラインゲームでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約176gといったポケットにも収まるくらいの薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ブラウン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBモデルでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、オートフォーカス、HDR、プロフェッショナルモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(One UI 4.1)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy SIMフリースマホ

5G対応スマホの「realme GT Neo3」とは?

“5Gでは1つの基地局に数多くのアンテナがありますので同時多接続を実現させていますし、エッジコンピューティングという技術によって遅延をほとんど無くすことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには沢山の機種がありますが、その中の一つに「realme GT Neo3」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイやクオリティの高い写真を撮影することができる高性能カメラ、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約38000円でRAM8GB/256GBモデルが約44000円でRAM12GB/256GBモデルが約5万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約188gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは80Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 8100 2.85GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(realme UI 3.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

デュアルスクリーンが特徴的な「LG V60 ThinQ 5G」

“高額なハイスペックスマートフォンの中でも、デュアルスクリーンのようなくせのあるスマートフォンなのが「LG V60 ThinQ 5G」です。
ハイスペックスマートフォンとは、スマートフォンの中でも高性能なものを主にいうのですが、ハイスペックスマートフォンのほとんどは高価なものが多いので、ハイエンドモデルとして販売されているスマートフォンが主に該当します。一般的なスマートフォン本体価格は3万円ほどで、ミドルレンジモデルで高性能なものであれば5万円もあれば購入できる時代になりました。
そのため、ハイエンドモデルを購入されるユーザーのほとんどは、特別な処理性能であったり、LG V60 ThinQ 5Gのようなくせのあるスマートフォンが欲しいケースに限られてきます。
また、デュアルスクリーンとは「2画面」のことなので、もともとのスマートフォンに搭載されているマルチスクリーンと混同されることがあります。ですが、マルチスクリーンの場合は「画面をさらに分割している」システムなので、当然のことながら画面の大きさが小さくなってしまいます。
しかしLG V60 ThinQ 5Gのデュアルスクリーンは、最初から2画面を搭載しているスマートフォンのため、大きさに関しても見やすいディスプレイサイズのままでスマートフォンを操作できる強みがあるのです。
LG V60 ThinQ 5Gはスペックも高く、「CPUがSnapdragon 865のオクタコア(2.8GHz+1.8GHz)、RAM(メモリ)は8GB、ROM(ストレージ)は128GB」と、安心して利用できる大容量のスペックとなっています。スペックの補足となりますが、今ではsnapdragon8**のような800番台のCPUがハイエンドモデルには搭載されているため、実は、高価なものほど必ず処理性能が上・・・というわけではありません。
しかしLG V60 ThinQ 5Gは、CPUが最新でRAMも8GBと大容量になっているため、処理性能についても別格になっています。ミドルレンジモデルと比較した場合、ミドルレンジモデルのRAMは4~8GBのものが多いため、処理性能にこだわる場合はRAMをチェックして、さらに最新のSoc(CPUのこと)もチェックしないといけません。これほどの苦労をされても、バッテリー容量やROMなどストレージに問題があったり、ものによってはミドルレンジモデルのはずなのに7万円台と、「ほとんどハイエンドモデルと変わらない」価格のモデルを選択してしまうケースまであります。
LG V60 ThinQ 5Gは全体的にスペックも悪くなく、「サイズが高さ:約170mm、幅:約78mm、厚さ:約9.2mm、重量は約218g、ディスプレイサイズは約6.8インチ、カメラのアウトカメラは約6,400万画素、バッテリー容量は5,000mAh、防水・防塵性能ありで防水機能はIPX5/8、防塵機能はIP6Xが採用されている」優秀なハイスペックスマートフォンです。
これほどの性能を有しているLG V60 ThinQ 5Gは、「docomoでは118,000円、Softbankでは139,000円」で販売されています。しかもキャンペーン適用によって価格を半額にすることも可能なため、場合によってはミドルレンジモデルと同じような価格で購入できるのです。”

チップセット強化モデル「Xiaomi 11T Pro」

“チップセットが優秀なハイスペックスマートフォンを探している場合、中々Xiaomi 11T Pro以上のものは見つからないかもしれません。
というのも、Xiaomi 11T Proはベンチマークスコアにおいて、最上位にランクインしているほどの実力があるからです。Xiaomi 11T Proは、2021年11月に発売された最新モデルとなりますので、今では世界中から支持されているモデルの1つとなりました。
Xiaomi 11T Proの参考価格は7万円となっておりますので、ハイスペックスマートフォンの中でも特に安い部類にはいります。また、このようなタイプのスマートフォンには安かろう悪かろうも含まれるのですが、Xiaomi 11T Proの場合、過去から現在にかけてSIMフリースマホのような安いスマートフォンを多数提供している実績があるため、評判のよさも含めて安かろう悪かろうに属する商品を提供していないので信頼されています。
実際に今では、大手キャリアのスマートフォンを、あえて高性能なSIMフリースマホに変える人も増えてきました。これは経済的な背景ばかりではなく、近年では世界の標準にしたがって国内でもSIMフリースマホが活性化されているためです。
海外では、SIMをフリーのままでキャリアを切り替えるケースは少なくありません。また、SIMフリースマホであっても2種類以上のSIMに対応しているケースは少なく、ミドルレンジモデルのスマートフォンであってもeSIM搭載モデルのスマートフォンが増えてきました。
そんな世の中となっているため、Xiaomi 11T Proのような安くて性能がよいスマートフォンについても、信頼されることが増えてきたのです。
Xiaomi 11T Proの特徴となりますが、「チップセットにSnapdragon 888 5G搭載」のモデルとなっています。チップセットというのは、CPUなども含むスマートフォンの処理性能を決めるパーツのことです。パソコンの場合も、マザーボードにチップセットが存在するため、パソコンもスマートフォンも所持している人の場合、こちらを真っ先に気にしてスマートフォンを購入するケースが少なくありません。
ちなみにXiaomi 11T Proのチップセットは世界的に見ても優秀で、チップセットの処理性能を指数化したベンチマークスコアについても、Xiaomi 11T Proは「AnTuTuベンチマークスコアで60万前後を記録」となっています。3万円台で購入できるスマートフォンの場合、Antutuベンチマークスコアは30~40万、10万円台で購入できるスマートフォンの場合は、60万を超えるものがいくつか見当たる・・・、このような状況になっておりますので、70000円で購入できるXiaomi 11T Proが、60万前後となっているのは脅威的です。
Xiaomi 11T Proのスペックについては、「動作性能がSnapdragon 888 5G、メモリは8GB RAM、AnTuTuベンチマークスコアは60万前後を記録」となります。メモリとはなんなのかというと、処理が重くなった際に処理をスムーズにできるかの値だと思ってください。ほとんどの処理はチップセットの性能によって決まるのですが、最新の3Dゲームのようなかなり重いゲームをプレイする場合は、メモリが6GBを超えていないと「動作がカクカクする」ようになるのです。
しかもXiaomi 11T Proはそのほかのスペックもすぐれており、「ストレージは内部128 or 256GB/外部非搭載、ディスプレイは6.67インチで画素数2400×1080 FHD+ 有機EL、カメラは背面10800万+800万+500万画素の前面1600万画素、バッテリー容量は5000mAh、重量は204g」となりますので、ハイスペックスマートフォンの中でも最高水準でまとまっていることが、バッテリー容量の多さと重量の軽さによってひと目でわかるスペックとなっています。
ただし、Xiaomiのゲーミングスマホなどは圧倒的に人気が高いため、再入荷に時間がかかるといった問題点があります。つまり、Xiaomi 11T Proは見かけたらすぐに購入するほどの対応を求められるため、落ち着いて選ぶことが難しいこともある・・・のが、人気のスマートフォンだからこその欠点となります。”

賢いSIMフリースマホの選び方

“最初に知っておきたい賢いSIMフリースマホの選び方は、「SIMフリースマホの値段」です。
なにも知らずに「SIMフリースマホはすべて安い」と思っていると、痛い目を見ることもあるので注意してください。まず、SIMフリースマホであっても「〇〇モデル」で種別化されているので、すべて同じカテゴリに属するスマートフォンではありません。
〇〇モデルというのは、エントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイエンドモデルの3種が有名で、エントリーモデルは「最低限の機能を持つモデル」、ミドルレンジモデルは「平均的な性能を持つモデル」、ハイエンドモデルは「各スマートフォンメーカーの最新モデル」であることを知っておきましょう。
つまり、SIMフリースマホは安いと思っていると、ハイエンドモデルを購入してしまい損をするケースは少なくありません。価格帯についてですが、エントリーモデルは2万円以内、ミドルレンジモデルは2~8万円、ハイエンドモデルは7万円以上で・・・高いものになると15万円を超えるケースまであります。
スマートフォン購入で重要となる性能差ですが、エントリーモデルは最新のゲームなどを楽しめないため、生活のすべてをスマートフォンでまかなうことは難しいでしょう。つまり、ゲームやアプリ、動画視聴などを楽しみたいのであれば、「SIMフリースマホはミドルレンジモデルがオススメ」となります。
この話をもとにすると、SIMフリースマホはハイエンドモデルを選択しないのがベスト・・・となりますが、そうでもない一面があります。というのも、スマートフォンのゲームや動画は日進月歩でサイズが大きくなっている、OSなども最新のものが求められているのです。特にやっかいなのがOSで、こちらは「android10.0」のような最新のOSと、android9.0とでまったく別の結果が出るので注意してください。
たとえば、android9.0の場合は動作はするものの不具合も起きる・・・、このような可能性があるのです。そのため最近では、格安のSIMフリースマホであってもOSだけは最新というものが増えてきました。
最後に、どうしてもSIMフリースマホは格安で購入したい人向けのアドバイスを行わせていただきます。
まず、エントリーモデルよりもミドルレンジモデルを選ぶようにしてください。その理由ですが、「現在はミドルレンジモデルの競争が激しい」からです。競争が激しいことによって、各スマートフォンメーカーは「シェアの争奪戦」をくり広げないといけません。
こちらがユーザーにとってうれしい対応で、たとえば、ミドルレンジモデルのSIMフリースマホの中には「1万円以上の値引きがされる」ケースも少なくないのです。つまり、2万円でエントリーモデルを購入するよりも、3万円で1万円以上の値引きがされるミドルレンジモデルのほうが、圧倒的にお得なSIMフリースマホとなります。
SIMフリースマホはヤフーモバイル、楽天モバイルなどで多数取り扱っているのですが、オンラインショップで値引きされる金額もわかるため、自分の予算内でSIMフリースマホを購入するのは簡単に行えるようになっています。”

5G対応スマホの「Google Pixel 6」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンはクラウドベースのゲームでも、5Gの特徴である低遅延によってタイムラグなく楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Google Pixel 6」という5Gスマホがあり、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーや昼でも夜でも鮮やかに撮影できる高性能カメラ、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUやゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約207gという持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはSorta Seafoam、Kinda Coral、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電やワイヤレス充電、ワイヤレス給電に対応している4614mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応していますので快適に楽しむことができますし、Gorilla Glass Victusを採用していますのでいつでもどこでも安心して使用できると思います。
CPUはGoogle Tensor 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やFeliCa、ステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「vivo iQOO 8」とは?

“第4世代移動通信システムの4Gから第5世代移動通信システムの5Gに変わり、スマートフォンでの動画視聴や高画質動画のダウンロードなどが格段に速くなって快適に使用できるようになりました。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo iQOO 8」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリー、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや本格的な撮影が楽しめる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBが約65000円でRAM12GB/256GBが約7万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4350mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0 for iQOO)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや液冷システム、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”