5Gスマホの「vivo S7」

“様々なところで変化を与えてくれる5Gは多くのスマートフォンにも対応しています。
この5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから様々な機種が発売されていますが、そうした中の一つに「vivo S7」という5Gスマホがあり、安心の大容量バッテリーやどの角度から見てもみやすい大型ディスプレイ、高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/128GBモデルが約43000円でRAM8GB/256GBモデルが約48000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.3ミリ、重さ約170gといった持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、アイスブルー、ムーンライトホワイト、ジャズブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glassを採用して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+モノクロ撮影が可能な約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約4400万画素+超広角レンズがついた約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正、HDR、ポートレート撮影、ナイトモード、パノラマモード、ビューティーAI、4K動画撮影などの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら

5Gスマホの「Vivo Y70s」

“5Gスマホが本格的に使えるようになって、高画質な映画が一瞬でダウンロードできたり高精細なテレビ会議などができるようになったりしています。
プライベートやビジネスで活躍を見せる5Gスマホですが、日本国内だけではなく海外でも数多く発売されています。
その海外で発売されている5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Vivo Y70s」という5Gスマホがあり、急速充電に対応している大容量バッテリーや高性能CPU、冷却システムや高精細大型液晶ディスプレイなどを搭載しながら約30000円というお手頃価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約190gというポケットにもおさまる薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2,340×1,080(FHD+)で画面比率 19.5 : 9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSamsung Exynos 880オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBになっています。
また、高負荷がかかるアプリや暑い場所でも快適に楽しめる冷却システムが搭載されています。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラには没入感が高まるパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、手ぶれ補正、ナイトモード、HDR、AI機能、デュアルトーンLEDフラッシュ、ビューティーモードなどの機能がついています。
この他にはOSはAndroid 10ベースのFuntouch OS 10でイヤホンジャックや指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイの接続端子はUSB Type-Cでデュアルステレオスピーカーが搭載されています。
このような5Gに対応しているスマートフォンは快適にゲームが楽しめるゲーミングスマホとも言えます。”

5Gスマホの「Galaxy W20 5G」

“スマートフォンを使うユーザーにとって5Gスマホでの高速大容量通信や超低遅延などの特徴は有難くて嬉しいことです。
しかし、その5Gでスマートフォンを楽しむためには5Gに対応しているスマートフォンが必要となります。
この5Gに対応しているスマートフォンは今年に入ってから様々な機種が多くのスマートフォンメーカーから発売されていますが、その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Galaxy W20 5G」という5Gスマホがあり、AKGスピーカーやドルビーアトモスに対応していますので高音質で音楽を楽しむことができます。
この5Gスマホのボディサイズは幅約62ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約17ミリ、重さ約263gでカラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはゴリラガラス6を採用して解像度840 × 1960 • FHDでアスペクト比21:9の約4.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの高速ワイヤレス充電やバッテリーチャージャーに対応している4380mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン855オタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBで内蔵ストレージは512GBです。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約1300万画素+広角レンズがついた約1600万画素のトリプルアウトカメラと、ソニー製のセンサーとF値2.2の明るいレンズがついた約1000万画素のインカメラが搭載されています。
また、タッチフォーカス、オートフォーカス、マニュアルフォーカス、光学ズーム、顔検出、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正、HDR、4K動画撮影、デジタルズーム、セルフタイマー、デュアルトーンLEDフラッシュ、パノラマモードなどのカメラ機能がついています。
この他にはOSはAndroid10で指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイの通知LEDがColor LED Notificationsで、冷却システムやデザリング機能なども搭載されています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはフラッグシップモデル並みの性能を持っていますので、特に性能の差が生じるスマホゲームや重たい動画なども最高の環境で楽しむことができるでしょう。”

Androidスマートフォン「AQUOS zero」のスペック

“持ちやすさと見やすさを兼ね備えた高精細大型液晶ディスプレイやストレスなく使える高性能CPUを搭載しており、どんな状況でも安心の防水・防塵機能や大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「AQUOS zero」です。
このAndroidスマートフォンにはアドバンスドブラックのみが用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約146gです。
CPUはSDM845オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBです。
ディスプレイは約6.2インチ有機ELディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している3130mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたAndroidスマートフォンにはハイスピードオートフォーカスがついた約2260万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォン「ZenFone Max」のスペック

“ゲームや動画を思う存分楽しめる高性能CPUや大容量バッテリーを搭載し、更にはAI搭載の高性能デュアルアウトカメラやどこでも見やすい高精細大型液晶ディスプレイなども搭載しているAndroidスマートフォンが「ZenFone Max」です。
このAndroidスマートフォンにはスペースブルー、メテオシルバー、ミッドナイトブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約160gです。
CPUはSDM632オタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは32GBで最大256GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.3インチIPS液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは4000mAhです。
このようなAndroidスマートフォンには約1300万画素+約200万画素のデュアルアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「N-07D」とは?

“高級感を感じさせるメタリックラインに耐久性に優れた強化ガラスを採用しており、片手でも操作しやすいハードキーや色鮮やかで臨場感溢れる映像を映し出す高精細大型液晶ディスプレイなども搭載しているAndroidスマートフォンが「N-07D」です。
このAndroidスマートフォンにはピンク、ブラウン、ホワイトの3色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約130ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約119gです。
CPUはMSM8960デュアルコアプロセッサでメモリはRAM1GB、内蔵ストレージは8GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.3インチTFT液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している1800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたAndroidスマートフォンには約810万画素のアウトカメラと約130万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「REGZA Phone T-02D」とは?

“鮮やかに映像を描写する高精細大型液晶ディスプレイや高速パフォーマンスを発揮する高性能CPUを搭載しており、撮りたい瞬間に素早く撮れる高性能カメラやセキュリティ機能を使いやすくしたスマート認証センサーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「REGZA Phone T-02D」です。
このAndroidスマートフォンにはピンク、ブルー、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約64ミリ、高さ約130ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約139gです。
CPUはMSM8960デュアルコアプロセッサでメモリはRAM1GB、内蔵ストレージは8GBで最大16GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.3インチ有機ELディスプレイを搭載していてバッテリーは1800mAhです。
このようなAndroidスマートフォンには約1310万画素のアウトカメラと約130万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「Ascend G6」とは?

“シャープなラインで形成されたスタイリッシュなデザインに広角レンズがついた高性能カメラを搭載し、綺麗に映し出す高精細大型液晶ディスプレイや安心の大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「Ascend G6」です。
このAndroidスマートフォンにはピンク、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約131ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約115gです。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.5インチTFT液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたAndroidスマートフォンにはオートフォーカスがついた約800万画素のアウトカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「Xperia A2」とは?

“あらゆるシーンで心地よく使える薄型軽量コンパクトサイズに高精細大型液晶ディスプレイを搭載しており、ノイズを抑えて明るく撮れる高性能カメラや安心して使用できる機能なども搭載しているAndroidスマートフォンが「Xperia A2」です。
このAndroidスマートフォンにはオレンジ、ラベンダー、ホワイト、グレーブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約128ミリ、厚さ約9.7ミリ、重さ約138gです。
CPUはMSM8974クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.3インチトリルミナスディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している2300mAhです。
このようなAndroidスマートフォンには約2070万画素のアウトカメラと約220万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「Nexus 6P」とは?

“誰でも簡単に使える便利な機能や持ちやすいデザインを採用しており、長期間使用する旅行でも安心な大容量バッテリーや屋外でも見やすい高精細大型液晶ディスプレイなども搭載しているAndroidスマートフォンが「Nexus 6P」です。
このようなAndroidスマートフォンにはシルバー、ゴールド、ホワイト、ブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約79ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.3ミリ、重さ約178gです。
CPUはMSM8994オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは64GBで最大256GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約5.7インチIPS液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは3450mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたAndroidスマートフォンにはオートフォーカスがついた約1230万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。”参照先URL