未分類

5G対応スマホの「Platinum 10 5G」とは?

“5G通信は従来の4Gよりも通信速度が高速化されていますので、大容量のデータでも気軽にやり取りすることができますし、ダウンロードもスムーズに行えて快適に楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Platinum 10 5G」という5Gスマホがあり、イルミネーションなど暗い場所でも美しく撮影できる高性能カメラや輝度やコントラスト比が高くて鮮やかで明るい映像を楽しめる高精細大型ディスプレイ、長時間使用できる大容量バッテリーや熱によるパフォーマンスの低下を抑えることが可能な高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約38000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約167ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約189gというポケットにもしっかりおさまって邪魔にならない薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している5050mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応していますので、最新のオンラインゲームやインターネットの高速スクロールでも滑らかな表示で気持ち良く楽しめると思います。
CPUはUNISOC T820 2.7GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデル、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

スマホが契約できないブラックリストとは?

“スマホを契約したいのに契約できない…という場合、ブラックリストによる審査落ちが原因の可能性があります。ここではスマホが契約できない場合どうすればよいかまとめてみましょう。
【スマホを契約する際には審査が必要】
スマホを契約する際には、クレジットカードやカードローンの申込み時のように、審査が必要になります。スマホ契約に関する審査の内容は非公開となっていますが、基本的な申込条件を満たしているかどうかが確認されるようです。申込条件を満たしているにも関わらずスマホ契約ができなかった…という場合には、契約者がブラックリストに登録されていることが原因で審査に落ちることがあります。
【スマホ契約ができないブラックリスト】
ブラックリストに登録されている場合、スマホ契約時の審査に通らないことがあります。スマホ契約に関するブラックリストは以下の通りです。それぞれまとめてみましょう。
<通信キャリア独自のブラックリスト>
通信会社によっては独自のブラックリストがあります。スマホ料金を滞納した人や、スマホ両料金不払いによる強制解約などをしている方はブラックリストに登録されている可能性があります。また短期の解約を何度も繰り返す人もブラックリストに登録されているかもしれません。
大手キャリアでは2~4ヶ月料金を滞納すると自動的に解約になります。強制解約になった人は、滞納した料金を支払わなければ同じキャリアで再度スマホを契約することが不可能です。
<信用情報機関のブラックリスト>
カードローンやキャッシングなどに借入がある人や、クレジットカードやローン、キャッシングなどの返済に問題がある場合、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまいます。スマホ契約では、スマホ端末を分割払いで購入できるため、分割購入を希望した場合、信用情報機関のブラックリストに登録している人は契約できないでしょう。ただ信用情報のブラックリストに関しては、スマホ端末の分割購入を伴わない契約であれば特に影響はありません。
<不払い者情報のブラックリスト>
スマホ料金の不払いによって強制解約になった人はブラックリストに登録されています。これは大手キャリアだけではなく、格安SIMの会社でも実施されており、料金不払いの再発防止のために不払い者に関する情報を交換しているのです。不払い者情報にブラックリストが登録されてしまうと、スマホ契約はできなくなる可能性が高いでしょう。

【スマホ契約ができない際の対処方法をレクチャー】
スマホの契約ができない…という時はどうすればよいでしょうか?対処方法をまとめてみましょう。
<滞納している通信料はすぐに支払う>
強制解約になってしまった場合には、不払いの通信料をすぐに支払いしましょう。そうすれば不払い者情報のブラックリストからは情報が即時抹消されるためスマホ契約の審査に通りやすくなります。
<スマホ分割ではなく一括購入にする>
信用情報機関のブラックリストに登録されていてスマホ契約ができない場合は、スマホの分割購入だけができません。スマホの一括購入であれば審査は通るので、一括購入を選択するようにしましょう。”

5G対応スマホの「realme narzo 60 Pro 5G」とは?

“5Gスマホは4Gスマホよりも大きいデータの読み取りが格段に速くなっていますので、リモートワークで行われるオンライン会議でもスムーズにわかりやすく行うことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「realme narzo 60 Pro 5G」という5Gスマホがあり、揺れを抑えた綺麗な動画も撮影可能な高性能カメラや映画が目の前で繰り広げられているような臨場感を味わえる高精細大型ディスプレイ、負荷がかかりやすくなるマルチタスクや最新のオンラインゲームでも快適に動作する高性能CPUや長時間プレイできる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約42000円でRAM12GB/256GBモデルが約47000円でRAM12GB/1TBモデルが約53000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約191gという片手での操作感も良好な薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 7050 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルと1TBモデルがあります。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(realme UI 4.0)でディスプレイ下指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源やステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy S24

店舗利用に最適な5G対応のWi-Fiルーター「USEN AIR 5G」とは?

“株式会社USENは業界初となる店舗での利用に最適な最新の通信技術5G対応のWi-Fiルーターを独自開発、「USEN AIR 5G」という新しいサービスとして提供をスタートしています。ここではUSEN AIR 5Gについてまとめてみましょう。
【USEN AIR 5Gとは?】
USEN AIR 5Gは店舗での利用に最適な5G対応のWi-Fiルーターです。光回線導入をする際には工事が不要になりますが、その課題を解決してくれるのがUSEN AIR 5Gの魅力と言えます。近年ではデジタル技術を通じたDXが急速に浸透したため、通信環境の整備に対する需要が高まっています。しかし個人や中小企業が営む店舗においては、通信環境における様々な課題を抱えている現状です。例えば光回線の入線では、提供外地域や引き込み条件を満たしていない建物もあります。その場合は入線が難しくなりますし、光回線の工事では約1ヶ月程度の期間が必要となるため、タイミングによっては上手く利用できないケースもあります。そのためどの店舗でも通信容量を気にせずに、安定した通信環境が迅速に整い、店舗で利用に適したWi-Fiルーターはなかったのです。
USEN AIR 5Gでは工事は一切不要。申込手続きが完了してから最短3営業日で利用可能になる手軽さが魅力です。5G回線としての高速・容量無制限の通信品質を実現しています。
【USEN AIR 5Gの特徴とは?】
USEN AIR 5Gの特徴をまとめてみましょう。
<工事不要ですぐに使える手軽さ>
USEN AIR 5Gの最大の特徴と言えば、工事が不要ですぐに導入できる点でしょう。手軽に利用できるので店舗に最適なWi-Fiシリーズと言えます。
<フリーWi-Fiも利用可能>
USEN AIR 5Gでは業務用Wi-Fiはもちろん、光回線配下でのみ提供していたフリーWi-Fiも利用することができます。
<店舗における業務用機器の運用を最優先に考えられたスペック>
家庭用ルーターでは、店舗で利用する際には通信の安定性や多数の同時接続への対応に不安があります。一方、USEN AIR 5Gでは店舗で安定利用を想定した仕様を備えています。USEN AIR 5Gのスペックは以下の通りです。
・ QoS機能搭載
QoS機能とは、混雑時には業務用通信を優先する機能です。来店者の端末が多数接続された場合でも、店舗業務運用への影響を最小限に抑えることができます。
・DFS障害回避機能搭載
DFS障害回避機能とはレーダー波との干渉を自動で回避できる機能です。幅広いチャネルを利用できるので、電波とぶつかりにくくレーダー波の干渉による通信遅延・途切れを回避できます。
・広範囲のWi-Fi エリア構築
メッシュWi-Fi対応によってアクセスポイントが増設可能です。ルーター1台ではカバーしきれない広い店舗においても、通信が途切れることなく安定して利用できます。メッシWi-Fiとは、サブのアクセスポイントを空間内に複数設置して、網目状に電波を張り巡らせることです。
・店舗・来店者間のセキュリティ対策
USEN AIR 5Gはセキュリティ対策も充実しています。店舗業務用と来店者用で異なるSSIDを提供しているので、来店者端末同士の接続、来店者端末と業務用機器の通信は制御できます。
・ SSID・認証画面が店舗オリジナルにカスタマイズ可能
SSIDの文字列では、無料ダッシュボードから店舗名称などに任意で変更可能です。店舗のオリジナル性や、来店者の接続のしやすさを持ち合わせたフリーWi-Fiを提供できるでしょう。
・来店者分析機能を標準搭載詳しくはこちら
期間内の利用者数合計や、利用者数推移、来店者男女年齢別来店者数など来店者分析が可能です。”

5G対応スマホの「realme narzo 60 Pro 5G」とは?

“5Gスマホは4Gスマホよりも大きいデータの読み取りが格段に速くなっていますので、リモートワークで行われるオンライン会議でもスムーズにわかりやすく行うことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「realme narzo 60 Pro 5G」という5Gスマホがあり、揺れを抑えた綺麗な動画も撮影可能な高性能カメラや映画が目の前で繰り広げられているような臨場感を味わえる高精細大型ディスプレイ、負荷がかかりやすくなるマルチタスクや最新のオンラインゲームでも快適に動作する高性能CPUや長時間プレイできる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約42000円でRAM12GB/256GBモデルが約47000円でRAM12GB/1TBモデルが約53000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約191gという片手での操作感も良好な薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 7050 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルと1TBモデルがあります。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(realme UI 4.0)でディスプレイ下指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源やステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

小学生にも人気!キッズに人気のアプリ「Khan Academy Kids」

“今では、意図的に「Khan Academy Kids」のような子供向けの教育アプリを親がインストールするケースが増えています。今回の記事では、そんなKhan Academy Kidsが人気の理由、教育アプリとはどのようなものなのか案内していこうと思います。
Khan Academy Kidsは「豊富な学習コンテンツ」を備えているアプリです。
Khan Academy Kidsは、数学、読み書き、科学、社会科など、幅広い学習領域をカバーする豊富なコンテンツを提供しています。子供たちは楽しく学ぶことができる絵本、ゲーム、パズル、ビデオなどを通じて、基本的な学習スキルを身につけることができますので、学習を進めるほどに子どもの学習能力は高まっていくのです。
Khan Academy Kidsは「学習の個別化と進捗管理」に最適です。
Khan Academy Kidsは、子供たちの学習を個別化する機能があります。子供の年齢、能力、進度に応じて適切なコンテンツや活動を提供し、自己ペースで学習を進めることができます。また、進捗管理機能も備わっており、子供の成長や学習の進捗状況を追跡することも可能です。
Khan Academy Kidsは「親子の共同学習を促進」してくれるアプリで、同様のアプリが少ないこともKhan Academy Kidsの人気が高い要因とされています。
Khan Academy Kidsは、親子の共同学習を促進する機能も提供していますが、その内容は親が子供の学習進捗を追跡し、子供と一緒に学習アクティビティに参加することができます。また、保護者向けの情報やアドバイスも提供されており、子供の学習をサポートするためのリソースが豊富に用意されているのもKhan Academy Kidsの魅力といえるでしょう。
Khan Academy Kidsを快適にプレイされたい場合ですが、高額のスマートフォンを購入する必要はありません。以下のような比較的安価なスマートフォンでも、Khan Academy Kidsはサイズが小さいので相性が良いです。
Xiaomi Redmi Note 9は、手頃な価格でありながら優れた性能を持つスマートフォンのため、Khan Academy Kidsとの相性は最高です。大画面ディスプレイとバッテリー容量の大きさが特徴で、長時間の学習やプレイをサポートします。また、スムーズな動作に必要なプロセッサとRAMも搭載されています。
今では大人からも親しまれているMotorola Moto G Powerも、コストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。長持ちするバッテリー寿命と堅牢なデザインが特徴で、学習やプレイにおいて安定したパフォーマンスを提供します。また、大画面ディスプレイも魅力的でKhan Academy Kidsの面白さを最大限で引き上げてくれることでしょう。
安価に定評のあるモデルを探しているのであれば、Samsung Galaxy A12をオススメします。手ごろな価格で多くの機能を備えたスマートフォンです。大容量のバッテリーと大画面ディスプレイがあり、Khan Academy Kidsのコンテンツを快適に楽しむことができます。また、十分なストレージ容量と拡張可能なマイクロSDカードスロットも利点です。
これらのスマートフォンは、Khan Academy Kidsのアプリを快適に実行し、学習コンテンツをスムーズに閲覧するための十分な性能を提供します。予算の制約がある場合でも、これらのスマートフォンは手頃な価格帯でありながら十分な機能を持っています。ただし、一般的なスマートフォンでもKhan Academy Kidsは利用可能ですので、上記の機種以外でも十分にKhan Academy Kidsが動作するのは確かです。”

海外で人気の防水設計がしっかりしているキッズケータイ「Tinitell」

“今ではキッズケータイが売れに売れている状況のため、安かろう悪かろうの問題があるのも事実です。今回は、そんな安かろう悪かろうの問題とは無縁のキッズケータイで、人気の高い「Tinitell」について案内していこうと思います。
そもそもTinitell以外のキッズケータイで安かろう悪かろうの問題がある・・・のは、「キッズケータイのスペック、機能を知らない親御さんが多い」からです。ですが、今回紹介する機能やスペックについて学んでいると、Tinitellのような優秀なスマートフォンを購入できるようになるでしょう。
Tinitellの特徴となりますが、Tinitellには単純な通話機能があります。これはキッズケータイ全体で採用されている機能で、シンプルな通話機能を提供しているだけ・・・なので特別な機能ではありません。しかしTinitellのようなキッズケータイであれば、子どもがワンタッチで予め設定された連絡先と通話することができるため便利です。
Tinitellには位置追跡機能があります。保護者はTinitellを使用して子供の位置をリアルタイムで追跡できます。GPSを利用して、子供が安全な場所にいるかどうかを確認することができるのですが、あまりにも安いキッズケータイの場合は、子どもを見守る機能が少ない・低品質というケースが多いため、Tinitellのような機能面も信頼されているキッズケータイを購入したほうがよいでしょう。
Tinitellは防水設計もしっかりしているのですが、安かろう悪かろうの問題があるキッズケータイには基本的に採用されていない機能です。つまり、優秀なキッズケータイを調べるうえで欠かせない機能なのですが、Tinitellは防水設計がしっかりしています。具体的には、Tinitellを子どもが水の中に持ちこんだり、雨に濡れたりしても機能を維持します。Tinitellは耐久性も評価されているため、子どもに長く持たせたいキッズケータイを探しているのであれば、もしかするとTinitell一択かもしれません。
Tinitellの詳細スペックですが、「ディスプレイ: ディスプレイなし(ボイスプロンプトによる操作)、メモリー: 不明、ストレージ: 不明、カメラ: 不搭載、バッテリー: 約2日間の連続使用時間、通信: 2G対応」となります。
Tinitellのコストパフォーマンスですが、Tinitellの本体価格は他の一部の子供向け通信デバイスと比較しても競争力があります。価格は販売元や地域によって異なりますが、一般的には$80〜$100程度の範囲で販売されているので、コストパフォーマンスが高いスマートフォンを求めている場合も、Tinitellを選択されて問題ないレベルです。
Tinitellのまとめとなりますが、Tinitellはシンプルな通話機能、位置追跡機能、防水設計などの魅力的な特徴を備えたキッズケータイです。コンパクトなサイズと耐久性で、Tinitellは子供たちの安全なコミュニケーションと位置監視をサポートしてくれるので、親としても安心してもたせることができるでしょう。”

スマホのテザリングで楽天モバイルが選ばれている理由

“スマートフォンのテザリング機能を気にする人が増えています。というのも、スマートフォンのテザリング機能を知っているだけで、家の中にあるあらゆるものを「インターネットアクセス可能にできる」からです。
一昔前であれば、インターネットアクセスには「インターネット回線の工事が必要、ルーターが必要」・・・なんていわれていました。ですが今では、スマートフォンのテザリング機能のみ(スマートフォン1台のみ)で、インターネットアクセスが可能になっている時代なので、ルーターのために1万円以上のお金を支払う必要はないのです。
そして、そんなスマートフォンのテザリング機能を重視して選ばれているモデルも存在し、それは「楽天モバイルのスマートフォン」です。
なぜ楽天モバイルのスマートフォンのテザリング機能が選ばれているのか・・・というと、それは「テザリング機能を無制限で使用できるのは楽天モバイルのみ」だからです。意外とよくある勘違いなのですが、スマートフォンのテザリング機能には制限があり、制限を設けているスマートフォンメーカー、無制限を採用しているスマートフォンメーカーがあるので注意してください。
具体的には、「mineo・UQモバイル・povo・LINEMO」などはスマートフォンの本体価格やプランは安いかもしれません。ですが、「データ容量分のみテザリング可能」となっているので、スマートフォンのテザリング機能に制限がかかっているメーカーなのです。スマートフォンは本体価格がドンドンと値下がりしているような状況のため、今では、本体価格だけでなくプランに無制限がふくまれるか・・・、そして、スマートフォンのテザリング機能も無制限か気にするユーザーが増えたというわけです。
スマートフォンのテザリング機能の補足となりますが、「プランのデータ容量が5GBであれば、テザリングを利用したインターネット通信は5GB」まで利用できると思って問題ありません。つまり、「プランのデータ容量が20GBであれば、テザリング機能も20GB」まで利用できるのです。
この話を参考にすると、「20GBもあれば十分」という人もいるのですが、動画視聴、SNSなどをさかんに行っているユーザーの場合はギリギリだと思ったほうがよいでしょう。実際に、前述のようなサービスが好きなユーザーの場合、「半月で10GB使ってしまうケースは珍しくない」からです。
ちなみに、楽天モバイルのスマートフォンのテザリング機能は仕組みとして、「楽天回線内であれば20GBを超えてから無制限」となるので、50GB以上でも無制限で利用することが可能となります。
スマートフォンのテザリング機能の設定についてですが、「インターネット共有をON、Wi-Fiのパスワードを入力、ほかの人の接続を許可する」で完了です。スマートフォンのテザリング機能は設定が難しいように思われているのですが、今までスマートフォンを利用したことがない人の場合、先入観で難しいと判断していることが多いです。
時間にして数分でインターネットアクセスできるようになり、しかもインターネットアクセスのセキュリティレベルはフリーWi-Fiと比べものになりません。
注意点として、スマートフォンのテザリング機能を友達同士で利用する場合は、「なんというIDのテザリング機能を利用する」のか明確にしておきましょう、スマートフォンのテザリング機能が「012345」のようなシンプルな名称であれば判別しやすいのですが、「a1b2c3d4」のように英数字が入り乱れている場合、フリーWi-Fiに似たような名称のものが並んでいるケースもあります。
そのため、スマートフォンのテザリング機能を利用する場合は、あらかじめなんというIDに対してテザリング機能を利用するのか明確にしておきましょう。
また、インターネットアクセスの都合上ですぐにつながるわけではありません。また、速度が出ないケースもあるので速度が気になる場合は、スマートフォンのアクセス速度を計ってくれるアプリを使って、本当にうまくつながっている状態かチェックしてみるとよいでしょう。
参考として、円滑なインターネットアクセスには30Mbpsは必要といわれているので、こちらの速度以上出ているかチェックしてみるとよいです。”

小学生に人気の学生スマホ!ハンドソープで洗える「富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plus」

“近年では、「えっ!こんなスマートフォンが学生の間で人気なの?」と思ってしまうような、意外なスマートフォンが人気となっています。今回紹介する「富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plus」は、とある理由で小学生、中学生の間で人気になっているスマートフォンです。
富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusの価格ですが、「docomo公式オンラインショップで21,780円(税込)、スマホおかえしプログラム適用不可」となりますので、実は、ほかのスマートフォンよりも割引キャンペーンに対して不満を感じるスマートフォンです。
ですが、数あるスマートフォンの中でも「新型コロナウィルスに強い」一面のあるスマートフォンのため、富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusは大人気になりました。
富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusは「防水防塵機能ありのスマートフォン、丈夫なので乱暴に扱っても壊れにくい、洗えるスマートフォンのため丸洗い、アルコール除菌に対応」しているのです。ちなみに、富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusのような新型コロナウィルスを意識しているスマートフォンはあるのですが、丸洗いに対応していることを強くアピールしているスマートフォンは、富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusなど一部のスマートフォンのみです。
その分だけ富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusは「スペックが低い」ので、清潔さをスマートフォンに求めるか、スペックを求めるか・・・で富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusの購入意欲はガラッと変わってくるでしょう。
富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusは洗い方のマニュアルもあるのですが、「泡のハンドソープや食器用洗剤で洗う、その後にアルコール除菌する」のが基本的な洗い方です。今では、リモコンやスマートフォンのボタン部分、タッチパネルディスプレイに対して抗菌性・除菌は大丈夫なのか・・・、子どもに長く使わせても安全?という考えをもつ親が増えてきたため、小学生、中学生にあがるタイミングで富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusをもたせる親が多いのです。
富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusの詳細スペックですが、「RAMが4GB、CPUはSnapdragon 460、ストレージ容量は64GB、カラーはレッド・ホワイト・ブラック、ディスプレイサイズは約5.6インチ、本
サイズは約148mm×約71mm×約9.4mm、重さは160g、バッテリー容量は3,600mAh」となります。
よく富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusはスペックが低い・・・といわれていますが、これは本当のことです。今では、同価格帯の格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルを購入すると、「RAMが6GB、CPUがsnapdragon600番台以上、ストレージ容量は128GB」のスペックが手に入ります。
富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusのそのほかのスペックですが、「フロントカメラが約800万画素、リアカメラは約1310万画素」となりますので、富士通コネクテッドテクノロジーズ arrows Be4 Plusは、カメラ性能についてもスペックが低いと言わざるを得ないモデルです。”

YouTubeが視聴できないトラブルの原因と対処方法を解説

“スマホでYouTubeを視聴中に急に動画が見られなくなった…というトラブルを経験したことはありませんか?YouTubeを視聴中に何らかしらのエラーが起きて、動画を再生できなくなることがあります。ここではYouTubeが視聴できないトラブルの原因や、解決策をまとめてみましょう。
【YouTubeが視聴できなくなる原因とは?】
YouTubeがスマホで視聴できなくなる主な原因は以下の通りです。
<YouTubeのシステム障害が起きている>
他のサイトは閲覧できるのに、YouTubeだけ視聴できない場合には、YouTubeでシステム障害が起きている可能性があります。
<プロバイダーで通信障害が起きている>
YouTubeの他に、インターネット全般が仕えない状況の場合、プロバイダーで通信障害が起きている可能性があります。
<速度制限が起きている>
スマホの月額プランによって、速度制限がかかってしまいYouTubeが視聴できなくなることがあります。月々の通信データ量をオーバーしてしまうと、通信制限がかかってしまい動画など容量が必要なものは視聴が難しくなります。
<特定の動画でエラーが起きている>
他の動画は見られるので、ある動画だけ見られない…という場合には、特定の動画でエラーが起きている可能性があります。特定の動画が視聴できないのは、アップロードする時点で何かしらのエラーが起きていることが考えられるでしょう。時間を置いてから再度アクセスしてみましょう。
<YouTube上の制限がかかっている>
再生画面に「この動画はお住まいの国では公開されていません」などYouTube上での制限により閲覧できないメッセージが表示された場合、動画は視聴できません。この制限はYouTubeサイトや投稿者が設定しているものなので、視聴者では設定変更はできません。
【スマホでYouTubeが視聴できなくなった際の対処方法とは?】
スマホでYouTubeが視聴できなくなった際の対処方法をまとめてみましょう。
<再起動する>
YouTubeが視聴できなくなったら、デバイスを再起動してみましょう。デバイスを再起動するだけでも、システムや通信エラーが解消され、YouTubeがいつも通り見られるようになる可能性があります。
<ブラウザのキャッシュを削除>
ブラウザのキャッシュを削除すると、YouTubeが視聴できるようになるケースがあります。キャッシュとは過去のデータをブラウザ内の一時的に保存しておく機能のこと。キャッシュがあると、過去に閲覧したサイトの読み込みがスピーディになります。しかしキャッシュが溜まりすぎると、インターネット環境での動作が遅くなってしまうでしょう。
<ストレージ容量を空ける>
デバイスのストレージ容量がいっぱいになっていると、動作が重くなり動画視聴がしにくくなることがあります。不要なデータやアプリなどは、定期的に削除してデバイスの容量を軽くしておくとよいでしょう。
<アプリの更新>
YouTubeアプリから動画を視聴している場合は、アプリのバージョンが最新かどうかを確認しましょう。アプリのバージョンが古い場合には、すぐに更新してください。”