未分類

デュアルスクリーンが特徴的な「LG V60 ThinQ 5G」

“高額なハイスペックスマートフォンの中でも、デュアルスクリーンのようなくせのあるスマートフォンなのが「LG V60 ThinQ 5G」です。
ハイスペックスマートフォンとは、スマートフォンの中でも高性能なものを主にいうのですが、ハイスペックスマートフォンのほとんどは高価なものが多いので、ハイエンドモデルとして販売されているスマートフォンが主に該当します。一般的なスマートフォン本体価格は3万円ほどで、ミドルレンジモデルで高性能なものであれば5万円もあれば購入できる時代になりました。
そのため、ハイエンドモデルを購入されるユーザーのほとんどは、特別な処理性能であったり、LG V60 ThinQ 5Gのようなくせのあるスマートフォンが欲しいケースに限られてきます。
また、デュアルスクリーンとは「2画面」のことなので、もともとのスマートフォンに搭載されているマルチスクリーンと混同されることがあります。ですが、マルチスクリーンの場合は「画面をさらに分割している」システムなので、当然のことながら画面の大きさが小さくなってしまいます。
しかしLG V60 ThinQ 5Gのデュアルスクリーンは、最初から2画面を搭載しているスマートフォンのため、大きさに関しても見やすいディスプレイサイズのままでスマートフォンを操作できる強みがあるのです。
LG V60 ThinQ 5Gはスペックも高く、「CPUがSnapdragon 865のオクタコア(2.8GHz+1.8GHz)、RAM(メモリ)は8GB、ROM(ストレージ)は128GB」と、安心して利用できる大容量のスペックとなっています。スペックの補足となりますが、今ではsnapdragon8**のような800番台のCPUがハイエンドモデルには搭載されているため、実は、高価なものほど必ず処理性能が上・・・というわけではありません。
しかしLG V60 ThinQ 5Gは、CPUが最新でRAMも8GBと大容量になっているため、処理性能についても別格になっています。ミドルレンジモデルと比較した場合、ミドルレンジモデルのRAMは4~8GBのものが多いため、処理性能にこだわる場合はRAMをチェックして、さらに最新のSoc(CPUのこと)もチェックしないといけません。これほどの苦労をされても、バッテリー容量やROMなどストレージに問題があったり、ものによってはミドルレンジモデルのはずなのに7万円台と、「ほとんどハイエンドモデルと変わらない」価格のモデルを選択してしまうケースまであります。
LG V60 ThinQ 5Gは全体的にスペックも悪くなく、「サイズが高さ:約170mm、幅:約78mm、厚さ:約9.2mm、重量は約218g、ディスプレイサイズは約6.8インチ、カメラのアウトカメラは約6,400万画素、バッテリー容量は5,000mAh、防水・防塵性能ありで防水機能はIPX5/8、防塵機能はIP6Xが採用されている」優秀なハイスペックスマートフォンです。
これほどの性能を有しているLG V60 ThinQ 5Gは、「docomoでは118,000円、Softbankでは139,000円」で販売されています。しかもキャンペーン適用によって価格を半額にすることも可能なため、場合によってはミドルレンジモデルと同じような価格で購入できるのです。”

チップセット強化モデル「Xiaomi 11T Pro」

“チップセットが優秀なハイスペックスマートフォンを探している場合、中々Xiaomi 11T Pro以上のものは見つからないかもしれません。
というのも、Xiaomi 11T Proはベンチマークスコアにおいて、最上位にランクインしているほどの実力があるからです。Xiaomi 11T Proは、2021年11月に発売された最新モデルとなりますので、今では世界中から支持されているモデルの1つとなりました。
Xiaomi 11T Proの参考価格は7万円となっておりますので、ハイスペックスマートフォンの中でも特に安い部類にはいります。また、このようなタイプのスマートフォンには安かろう悪かろうも含まれるのですが、Xiaomi 11T Proの場合、過去から現在にかけてSIMフリースマホのような安いスマートフォンを多数提供している実績があるため、評判のよさも含めて安かろう悪かろうに属する商品を提供していないので信頼されています。
実際に今では、大手キャリアのスマートフォンを、あえて高性能なSIMフリースマホに変える人も増えてきました。これは経済的な背景ばかりではなく、近年では世界の標準にしたがって国内でもSIMフリースマホが活性化されているためです。
海外では、SIMをフリーのままでキャリアを切り替えるケースは少なくありません。また、SIMフリースマホであっても2種類以上のSIMに対応しているケースは少なく、ミドルレンジモデルのスマートフォンであってもeSIM搭載モデルのスマートフォンが増えてきました。
そんな世の中となっているため、Xiaomi 11T Proのような安くて性能がよいスマートフォンについても、信頼されることが増えてきたのです。
Xiaomi 11T Proの特徴となりますが、「チップセットにSnapdragon 888 5G搭載」のモデルとなっています。チップセットというのは、CPUなども含むスマートフォンの処理性能を決めるパーツのことです。パソコンの場合も、マザーボードにチップセットが存在するため、パソコンもスマートフォンも所持している人の場合、こちらを真っ先に気にしてスマートフォンを購入するケースが少なくありません。
ちなみにXiaomi 11T Proのチップセットは世界的に見ても優秀で、チップセットの処理性能を指数化したベンチマークスコアについても、Xiaomi 11T Proは「AnTuTuベンチマークスコアで60万前後を記録」となっています。3万円台で購入できるスマートフォンの場合、Antutuベンチマークスコアは30~40万、10万円台で購入できるスマートフォンの場合は、60万を超えるものがいくつか見当たる・・・、このような状況になっておりますので、70000円で購入できるXiaomi 11T Proが、60万前後となっているのは脅威的です。
Xiaomi 11T Proのスペックについては、「動作性能がSnapdragon 888 5G、メモリは8GB RAM、AnTuTuベンチマークスコアは60万前後を記録」となります。メモリとはなんなのかというと、処理が重くなった際に処理をスムーズにできるかの値だと思ってください。ほとんどの処理はチップセットの性能によって決まるのですが、最新の3Dゲームのようなかなり重いゲームをプレイする場合は、メモリが6GBを超えていないと「動作がカクカクする」ようになるのです。
しかもXiaomi 11T Proはそのほかのスペックもすぐれており、「ストレージは内部128 or 256GB/外部非搭載、ディスプレイは6.67インチで画素数2400×1080 FHD+ 有機EL、カメラは背面10800万+800万+500万画素の前面1600万画素、バッテリー容量は5000mAh、重量は204g」となりますので、ハイスペックスマートフォンの中でも最高水準でまとまっていることが、バッテリー容量の多さと重量の軽さによってひと目でわかるスペックとなっています。
ただし、Xiaomiのゲーミングスマホなどは圧倒的に人気が高いため、再入荷に時間がかかるといった問題点があります。つまり、Xiaomi 11T Proは見かけたらすぐに購入するほどの対応を求められるため、落ち着いて選ぶことが難しいこともある・・・のが、人気のスマートフォンだからこその欠点となります。”

賢いSIMフリースマホの選び方

“最初に知っておきたい賢いSIMフリースマホの選び方は、「SIMフリースマホの値段」です。
なにも知らずに「SIMフリースマホはすべて安い」と思っていると、痛い目を見ることもあるので注意してください。まず、SIMフリースマホであっても「〇〇モデル」で種別化されているので、すべて同じカテゴリに属するスマートフォンではありません。
〇〇モデルというのは、エントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイエンドモデルの3種が有名で、エントリーモデルは「最低限の機能を持つモデル」、ミドルレンジモデルは「平均的な性能を持つモデル」、ハイエンドモデルは「各スマートフォンメーカーの最新モデル」であることを知っておきましょう。
つまり、SIMフリースマホは安いと思っていると、ハイエンドモデルを購入してしまい損をするケースは少なくありません。価格帯についてですが、エントリーモデルは2万円以内、ミドルレンジモデルは2~8万円、ハイエンドモデルは7万円以上で・・・高いものになると15万円を超えるケースまであります。
スマートフォン購入で重要となる性能差ですが、エントリーモデルは最新のゲームなどを楽しめないため、生活のすべてをスマートフォンでまかなうことは難しいでしょう。つまり、ゲームやアプリ、動画視聴などを楽しみたいのであれば、「SIMフリースマホはミドルレンジモデルがオススメ」となります。
この話をもとにすると、SIMフリースマホはハイエンドモデルを選択しないのがベスト・・・となりますが、そうでもない一面があります。というのも、スマートフォンのゲームや動画は日進月歩でサイズが大きくなっている、OSなども最新のものが求められているのです。特にやっかいなのがOSで、こちらは「android10.0」のような最新のOSと、android9.0とでまったく別の結果が出るので注意してください。
たとえば、android9.0の場合は動作はするものの不具合も起きる・・・、このような可能性があるのです。そのため最近では、格安のSIMフリースマホであってもOSだけは最新というものが増えてきました。
最後に、どうしてもSIMフリースマホは格安で購入したい人向けのアドバイスを行わせていただきます。
まず、エントリーモデルよりもミドルレンジモデルを選ぶようにしてください。その理由ですが、「現在はミドルレンジモデルの競争が激しい」からです。競争が激しいことによって、各スマートフォンメーカーは「シェアの争奪戦」をくり広げないといけません。
こちらがユーザーにとってうれしい対応で、たとえば、ミドルレンジモデルのSIMフリースマホの中には「1万円以上の値引きがされる」ケースも少なくないのです。つまり、2万円でエントリーモデルを購入するよりも、3万円で1万円以上の値引きがされるミドルレンジモデルのほうが、圧倒的にお得なSIMフリースマホとなります。
SIMフリースマホはヤフーモバイル、楽天モバイルなどで多数取り扱っているのですが、オンラインショップで値引きされる金額もわかるため、自分の予算内でSIMフリースマホを購入するのは簡単に行えるようになっています。”

5G対応スマホの「Google Pixel 6」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンはクラウドベースのゲームでも、5Gの特徴である低遅延によってタイムラグなく楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Google Pixel 6」という5Gスマホがあり、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーや昼でも夜でも鮮やかに撮影できる高性能カメラ、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUやゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約207gという持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはSorta Seafoam、Kinda Coral、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電やワイヤレス充電、ワイヤレス給電に対応している4614mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応していますので快適に楽しむことができますし、Gorilla Glass Victusを採用していますのでいつでもどこでも安心して使用できると思います。
CPUはGoogle Tensor 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やFeliCa、ステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「vivo iQOO 8」とは?

“第4世代移動通信システムの4Gから第5世代移動通信システムの5Gに変わり、スマートフォンでの動画視聴や高画質動画のダウンロードなどが格段に速くなって快適に使用できるようになりました。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo iQOO 8」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリー、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや本格的な撮影が楽しめる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBが約65000円でRAM12GB/256GBが約7万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4350mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0 for iQOO)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや液冷システム、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「realme GT Explorer Master Edition」とは?

“5Gの登場によって医療や自動車などのあらゆる業界でのスマートな社会を実現させています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内のメーカーだけではなく海外の機器メーカーからも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme GT Explorer Master Edition」という5Gスマホがあり、動画視聴やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラ、有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイやしっかり遊べる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約5万円でRAM12GB/256GBモデルが約55000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約183gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャック、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「OnePlus 9 Pro」とは?

“5Gが本格的に導入されていますので、これによってスマホの通信機能は進化して今までなかったコンテンツも開発されると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「OnePlus 9 Pro」という5Gスマホがあり、サクサク動く高性能CPUやカメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラ、安心して使用できる大容量バッテリーやどこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約116000円でRAM12GB/256GBモデルが約129000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約197gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度3216×1440でアスペクト比20.1:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや防水機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Redmi K40 Pro+」とは?

“5Gは次世代の医療や災害への対応、人材不足などの解消も可能になりますので様々な分野で活用されていきますし、オンライン会議や商談などのビジネスでもスムーズになっています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Redmi K40 Pro+」という5Gスマホがあり、薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラや高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイ、長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約61000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーはワイヤレス給電やワイヤレス充電、18Wの急速充電に対応している4520mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、スーパーナイトモード、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「HUAWEI Enjoy 20 5G」とは?

“最近は日常生活でもよく目にするようになった5Gですが、4Gよりも大容量を高速で通信できたり低遅延でストレスなく楽しめることもあって多くの人が注目しています。
その5Gに対応しているスマートフォン多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「HUAWEI Enjoy 20 5G」という5Gスマホがあり、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや思い通りの写真が撮れる高性能カメラ、長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM4GB/128GBモデルが約27000円でRAM6GB/128GBモデルが約3万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約188gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはピンク、シルバー、グリーン、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素+超広角レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、HDR、オートフォーカス、LEDフラッシュ、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 10.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy Buds Pro infographic

5G対応スマホの「Redmi Note 9 Pro 5G」とは?

“インターネットやニュースなどで5Gという言葉をよく見かけるようになりましたし、5Gスマートフォンに対応しているエリアが広がってきましたので5Gに対応しているスマートフォンを使用する人も増えてきています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Redmi Note 9 Pro 5G」という5Gスマホがあり、いつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリーや防水機能、迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや綺麗な写真が簡単に撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約26000円でRAM8GB/128GBモデルが約29000円でRAM8GB/256GBモデルが約32000円です。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約215gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、グラデーション、グレーの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4820mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを使用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 750G SM7225 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”