未分類

人手不足解消に「無人レジ」導入へ 大手コンビニが実験

コンビニエンスストアをはじめとした小売業界では人手不足が深刻化し、24時間営業を取りやめるところも出ています。こうした中、ITを活用して「無人レジ」を目指すという未来のコンビニの姿が報道陣に公開されました。 2017年10月に東京・港区に開設された大手コンビニエンスストアチェーン・ローソンの研究施設では、最新のIT技術や、人工知能=AIを使った売り場の自動化などの研究が日々行われています。施設は実際の店舗を模して作られていています。 客が棚から商品を取り上げるとセンサーが反応してモニターに商品の情報が表示されるなど、センサーによる陳列棚のデジタルパネル化や、ロボットを使った接客も研究されています。 商品の名前や価格が入った電子タグを商品に付けることで、バーコードのように読み取る作業をせず、商品を買い物袋に入れてそのままゲートを通ることができ、レジを介さずに支払いを済ませられる仕組みも研究されています。そして、人手不足解消の切り札として期待されるのが、店員に代わって客が自らバーコードを読み取って支払いをする「無人レジ」なのです。
参照URL

auの「AQUOS sense」が11月2日発売 直営店価格は3万2400円(税込)

KDDIと沖縄セルラー電話(au)は11月2日、シャープ製スマートフォン「AQUOS sense」を発売しました。au直営店とauオンラインショップでの販売価格は3万2400円(税込、以下同)となる。対象料金プランにおける「毎月割」は、契約区分を問わず月額675円(総額1万6200円)です。AQUOS senseは、フルHD(1080×1920ピクセル)のIGZO液晶ディスプレイやIPX5/IPX8相当の防水性能を搭載し、シンプルなデザインと充実した機能を両立しつつ、低価格を実現したのです。また、端末購入後に必要な初期設定ステップを10から3に減らし、購入後すぐに利用可能です。より使いやすくリニューアルした「auメールアプリ」にも対応します。au公式アクセサリー「au +1 collection」からは、純正フルスクリーンカバー「AQUOS Frosted Cover」などハイブリッドカバーやハードカバー、ブックタイプケース、ガラスフィルムといった対応アクセサリーを順次発売します。

” 配信よりCDの方が安く買えるカラクリ”

利便性という点では音楽配信のほうがメリットが大きいように思えるのですが、それでもAさんがCDを買い続ける理由はどこにあるのでしょうか。ひとつはコレクション目的です。たとえば、デビューの時から書い続けているアーティストの場合は、過去の音源のリマスタリング盤を購入することもあります。こういう場合は、もはや“聴く”というよりも“持つ”という欲求からCDを買っているのです。もうひとつは、配信で買うよりもCDで買った方が安いというケースがあるためです。たとえば、iTunesであれば1曲250円で、アルバムだと1800円から2500円くらいが相場。CDの国内盤だと2500円から3000円くらいなので、配信のほうが安くなることが多いんですが、輸入盤の場合は配信とほぼ同じくらいの価格です。また、CDショップのポイントサービスを使えば、かなりお得になるのです。タワレコ渋谷店では、100円の購入で10ポイントが付与されるクーポンが頻繁に配られています。そのクーポンは、ほぼ毎回1万円以上の買い物をする人にとっては、それほど厳しい条件ではありません。http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/waterproof/

スマホが水没した時は対処方法で左右される!

スマホが水没した時はもうダメなのかなと感じてしまうものですよね。
しかし、そんなスマホも水没したからといって絶対にだけな訳ではありません。
水没した時の対処が正しくできれば、スマホが助かる可能性がありますよ。
スマホなのですが水没した時、やってしまいがちな行動があります。
こういった行動をしなければ、もしかしたらスマホを助けれる可能性がありますよ。
スマホも助かるかどうかは、自分がどのような対処をするかで左右されます。
一番やってしまいがちなのが、スマホが大丈夫なのか電源を入れる行為です。
水没してしまうと電源が切れたような状態になってしまっていて、ついつい電源を入れてしまいがちです。
しかし、これがショートの原因となる可能性があるので注意をしてください。
スマホも壊れてしまえば、大事なデータを失う可能性だったてありますよね。
そういった事を考えると対処方法をしっかりと覚えておいてください。
スマホは時間をかけて自然乾燥をする事をおすすめします。
無理にスマホの水分を取ろうとするとやっぱり良くありませんから、ゆっくり時間をかけて気長に見てみてください。
スマホが復活するかもしれませんよ!Android ver7.0(Galaxy S7 edge SC-02H)初期化する方法を教えてください。

スマートメーターの電力見える化が可能なIoTゲートウェイ「Cube J1」

IIJとNextDriveは、スマートメーターと通信して電力使用量を取得できるIoTゲートウェイ機器「Cube J1」を開発。一般向けにも発売します。インターネットイニシアティブ(IIJ)およびNextDriveは8月29日、スマートメーターと接続するIoTゲートウェイ機器「Cube J1」を共同開発したと発表しました。電力事業者やスマートハウス事業者向けに販売されるほか、個人向けにも9月7日に発売したものです。スマートメーターと通信してBルートデータをリアルタイムに取得、専用のスマホアプリを使うことで外出先から電力使用量を確認できます。HEMS(Home Energy Management System)としての利用が期待されるほか、温湿度センサーやUSBカメラなどのNextDrive製各種デバイスと接続可能なため、ホームセキュリティーなどさまざまな利用が可能となっています。電源コンセントに挿し込むだけで設置可能で、内蔵するWi-SUN通信モジュールでスマートメーターBルート接続する(BLEやWi-Fi、USB端子も装備)です。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-charge/

次期「iPhone」、ホームボタンを完全に廃止か–上位モデルで

「iPhone」のホームボタンが廃止されるかもしれないとのうわさは、少し前から流れていました。しかし、単に端末からボタンが消える以上の変化が起きる可能性もあるとの情報が、このほど報じられたのです。iPhoneの新たなハイエンドモデルでは、ベゼルの上端と下端ぎりぎりまでディスプレイを設置する場所を確保し、その広さを最大限に活用するために物理的なホームボタンが廃止されるとの情報は、これまでにもありました。さらにそれだけでなく、BloombergがiPhoneの次期モデルに詳しい情報筋の話として報じた記事の画像を見る限り、仮想的なボタンも設置されないと推測するに足る理由があるようなのです。Bloombergの記事によれば、新モデルではメイン画面に戻ったりアプリを開いたりするために、ホームボタンを押したりタップしたりするのではなく、タッチジェスチャを使うことになるということです。また、「Apple Pay」でホームボタンを使う代わりに、顔認証用のセンサが搭載されるということです。

Amazonの10型タブレット「Fire HD 10」新モデルが税込1万8980円で10月11日発売

アマゾン・ジャパンは、10インチディスプレイを搭載したタブレット「Fire HD 10」の新モデルを10月11日に発売します。Amazon.co.jpでは予約の受付を開始している。価格は32GBモデルが1万8980円、64GBモデルが2万2980円。Amazonプライムの会員は4000円引きで購入できます。「Fire HD 10」は、10インチ、1920×1200ドットのIPS液晶ディスプレイを搭載し、1.8GHzと1.2GHz駆動のクアッドコアCPUと、2GBのメモリー(RAM)を搭載し、ストレージは32GBか64GBを選択できます。256GBまでのmicroSDXCカードに対応しています。Kindle、AmazonビデオなどAmazonのデジタルコンテンツを簡単に利用可能で、プライム・ビデオ(一部を除く)はダウンロードにも対応します。OSはFire OSとなっています。通信機能は無線LANに対応し、IEEE802.11a/b/g/n/acをサポートしています。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-memory/

スマホの初期化方法をきちんと知りためには

スマホの初期化方法も簡単にできるようになります。
スマホの初期化と言えばやっぱり、スマホの不具合からやらなくてはいけない時もあると思います。
どうしても不具合が解消されない場合は初期化をするしかないような状態になってしまいます。
スマホの初期化と言えばやっぱりデータがたくさん詰まっているので怖かったりしますよね。
データがなくなったらと思うと心配になります。
しかし、きちんとデータをバックアップとっておけばその心配もありません。
バックアップを初期化する前にしっかりと取るようにしておきましょう。
バックアップさえきちんと取っておけば不具合があったとしてもすぐに初期化をすることができます。
やっぱり不具合が起きた場合初期化をするしないような状態になってしまいます。
スマホが動かなくなってしまったなんて時は本当に困ってしまいます。
1度なんかは、電源が知らない間も全く入らないような状態になり、仕方がなく交換なんて時もありました。
なので、スマホはいつトラブルが起きるのか分かりませんから常にバックアップは必要だなと感じています。
また、初期化方法もきちんと知っておくと便利ですのできちんと見てみましょう。

スマホが水没した時にお助けアイテムは?

スマホが水没した時には早急に水分を取ってあげなくてはいけません。
水分をきちんと取ることでスマホがもしかしたら助かる可能性があるからです。
なので、スマホを水没させてしまった時にはこういう対処方法を使ってみてください。
スマホの水分を取る時にタオルで取るのが一番いいかもしれません。
しかし、他にも活用ができるものがあるようですよ。
スマホの水分を取るために湿気取りなんかも活用ができるようにですよ。
他にも、お米なんかは水分を取ってくれるのでこれも活用ができたりするようです。
やっぱり水分を取ることを心がけることをすると、スマホを守ることができるようになります。
スマホは、どうしても水分にやられてしまえば回路がダメになってしまうと故障となってしまいます。
なので、できるだけ水分が入らないようにしたいものです。
今は、水没レスキューセットなどの便利なものがありますので、そういったグッズを活用をするのもおすすめです。
こういったものを家に置いておけばもしもの時はかなり助かりそうです。
水没レスキューセットはスマホだけでなく、ゲーム機なんかにも活用ができるようなので、幅広く使用ができそうだなという感じですね。

“サムスン「Galaxy S8」&「Galaxy S8+」7日間使用レビュー

サムスンのAndroidスマートフォン「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」が、2017年6月8日よりNTTドコモとauから発売されました。世界的に評価の高い高性能モデルで、価格.comに寄せられるユーザーレビューでも好評です。
「Galax S8」シリーズは、左右が曲面の有機ELエッジディスプレイを採用していて、縦横比が、一般的な9:16ではなく、より縦長の9:18.5に変更されたため、そのシルエットは細く長い特徴的なものとなっています。なお、ディスプレイサイズが約5.8インチのGalaxy S8と、約6.2インチのGalaxy S8+の2機種展開ですが、搭載されるバッテリー容量、LTEの通信機能などに一部違いがあるものの、CPUやカメラなど基本スペックは共通しています。ボディサイズは、Galaxy S8が、約68(幅)×149(高さ)×8.0(厚さ)mm、重量は約150g、Galaxy S8+が、約73(幅)×160(高さ)×8.1(厚さ)mm、重量は約173gです。IPX5/8等級の防水仕様と、IP6Xの防塵仕様をクリアしています。
http://www.galaxymobile.jp/smartphones/?c=docomo